書籍 バシャール-BASHAR-

バシャール|子供を生むということの意義 02

投稿日:2017年5月10日 更新日:


Q 24: 個人的な質問なのですけれど、私はいつも人生で何が起こるか、分かっていたように思います。例えば、どういう人が人生に現れて、夫の職業がなんであるか、ということまで知っていたような気がするのです。

バシャール:そうですね。子供のときというのはそういうことを知っているものなのです。
ところが、そんなことはないと子供の時に教えてられてしまうことが多いわけです。

Q 24: ということは、過去に自分達が選んでくるのでしょうか?

バシャール:ある程度そうですし、人生と人生の間で選ぶこともあります。

Q 24: 私達の子供は、私が生んだのではなく、養子にもらったのですが。

バシャール:それも偶然ではありません。最も抵抗の少ない方法がそれだったのだと思います。そして、一緒になる必要のある家族がそのような形で一緒になりました。また、その子供達があなたの元に生まれる状況になっていなかったのかもしれません。そのために、ちょうどいい時期に他の方法を通してあなたの所にやってきたのだと思います。
また、あなたの関係のある他の人達(生みの親など)も、その子供を生むことによって、その体験から学ぶべきレッスンがあったのかもしれません。そしてそれを終わらせてしまったために、その子供をあなたが受け継ぐことになったのかもしれません。なぜなら、あなたが同意のもとに決定した出来事だったからです。

Q 24: では、そのようにすべてが計画されていた、ということなのですね?

バシャール:はい、ある程度そうです。もちろん具体的なことは、その時すでにそういう形で流れに任せて創造されてきたということがいえます。ですけれども、全体的なテーマというのは自分で決めたものです。
あなたの子供を生んだ人も、あなたの家族の一員ということを忘れないでください。

Q 24: ありがとう、バシャール。

 

BASHAR(バシャール) P.192〜193 より抜粋 1987年12月初版発行 VOICE INC. ISBN4-900550-00-0

<スポンサーリンク>



 


-書籍, バシャール-BASHAR-
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

エックハルトトール|ペインボディ-私たちがひきずる過去の古い痛み 01

エックハルト・トールの本/考え方の中で面白い捉え方なのが『ペインボディ』。 ペインボディとは?という記事を読む 彼の理論/考えでは、ネガティブな感情が湧いたときに、向き合わずにいると、その感情が消化さ …

バシャール|幸せの『法則とトリセツ』01|バシャール2017

バシャール2017の内容は? 2017年 11月に発売された『バシャール2017』。 こちらの書籍は3日に分けたインタビュー3章と、喜多見龍一さんの考察で主に構成されています。 私とはなにか?に始まり …

マハラジ|「私」と「私のもの」は偽りの観念だ

マハラジの言葉は、難解で理解しがたい印象を皆さん受けるようです。この章での話は、比較的とっつきやすい一般的な質問(真我に至るには?といった覚醒そのものについての質問でないという意味)だと思います。 早 …

ラメッシ|努力の必要はないのになぜ学ぼうとするのか 02|意識は語る

前回に続きラメッシ・バルセカールの『意識は語る』の中からご紹介です。 質問者の『努力をしても無駄とラメッシは言っているのに、なぜ私たちは学ぼうとするのか』という問いに対して『起きなければいけない出来事 …

エックハルトトール|インナーボディにつながる方法 02

エックハルト・トールのインナーボディにフォーカスするエクササイズ・瞑想法のセカンドステップです。 前回の記事では、身体の中に意識を向け、身体の部分・臓器・細胞、それらが持つエネルギー=インナーボディを …