書籍 バシャール-BASHAR-

バシャール|子供を生むということの意義 02

投稿日:2017年5月10日 更新日:


Q 24: 個人的な質問なのですけれど、私はいつも人生で何が起こるか、分かっていたように思います。例えば、どういう人が人生に現れて、夫の職業がなんであるか、ということまで知っていたような気がするのです。

バシャール:そうですね。子供のときというのはそういうことを知っているものなのです。
ところが、そんなことはないと子供の時に教えてられてしまうことが多いわけです。

Q 24: ということは、過去に自分達が選んでくるのでしょうか?

バシャール:ある程度そうですし、人生と人生の間で選ぶこともあります。

Q 24: 私達の子供は、私が生んだのではなく、養子にもらったのですが。

バシャール:それも偶然ではありません。最も抵抗の少ない方法がそれだったのだと思います。そして、一緒になる必要のある家族がそのような形で一緒になりました。また、その子供達があなたの元に生まれる状況になっていなかったのかもしれません。そのために、ちょうどいい時期に他の方法を通してあなたの所にやってきたのだと思います。
また、あなたの関係のある他の人達(生みの親など)も、その子供を生むことによって、その体験から学ぶべきレッスンがあったのかもしれません。そしてそれを終わらせてしまったために、その子供をあなたが受け継ぐことになったのかもしれません。なぜなら、あなたが同意のもとに決定した出来事だったからです。

Q 24: では、そのようにすべてが計画されていた、ということなのですね?

バシャール:はい、ある程度そうです。もちろん具体的なことは、その時すでにそういう形で流れに任せて創造されてきたということがいえます。ですけれども、全体的なテーマというのは自分で決めたものです。
あなたの子供を生んだ人も、あなたの家族の一員ということを忘れないでください。

Q 24: ありがとう、バシャール。

 

BASHAR(バシャール) P.192〜193 より抜粋 1987年12月初版発行 VOICE INC. ISBN4-900550-00-0

<スポンサーリンク>



 


-書籍, バシャール-BASHAR-
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

violet flame

紫色の炎|バイオレットフレーム|アトランティスからのスピリチュアル・ヒーリング

ダイアナ・クーパーによる書籍、アトランティスからのスピリチュアル・ヒーリングの中には何度か【バイオレットフレーム】の記載がでてきます。 文末に 銀色と紫色の炎を呼び起こすと、ネガティブなエネルギーは変 …

ラマナマハルシ|幸せとは?|あるがままに

ラマナ・マハルシの『あるがままに』から引き続き【小冊子】『私は誰か? -Who am I ?-』に記載されていたものをご紹介します。 この記事を書くにあたり、あらためてラメッシの書籍を読み返してみると …

エックハルトトール|自分を思考で定義付けしないこと

エックハルト・トールの書籍は、左脳=男性性の強い方や、現代社会を力強く生き抜いている方にも向いていると思います。理論的に精神や心のあり方を捉えて、独自の視点(少しユーモラスな描写も含めて)で如何に目覚 …

ゲリーボーネル|意図と結果の違いが病を生み出すしくみ【潜在意識】

第八章 日常の実習 Daily Practice (前段 略) 興味深いことですが、「私は気分がよくない-I am not feeling well-」という言葉は健康をもたらす意識の流れをスタートさ …

あるインドの丘

あるがままに|ラマナ・マハルシの教え

ラマナ・マハルシの『あるがままに』をご紹介いたします。マハラジ、ラメッシの書籍を読んでその流れから、彼の存在を知りました。 時代背景としては、マハルシが生まれ、マハラジ、ラメッシとなります。 ラマナ・ …