書籍 ダイアナ・クーパー 瞑想・エクササイズ

ダイアナクーパー|銀色と紫色の炎による浄化|アトランティスからのスピリチュアル・ヒーリング

投稿日:2017年6月18日 更新日:


エクササイズ:銀色と紫色の炎

瞑想として、あるいは散歩やガーデニングをしているときに行うことができるが、車や機械を運転しているときに行ってはいけない。

非常に高いスピリチュアルなエネルギーで、人を開かれた状態にする力があるため、大天使ミカエルにそのダークブルーの守護のマントで包んでくれるように頼み、自分の体が包まれている様子を思い描くこと。

1 銀色と紫色の炎を心の中で呼び出す。

リラ色、ラヴェンダー色、薄紫色、すみれ色と銀色の炎に自分が取り囲まれている様子を思い描く。

2 銀色と紫色の炎が燃え上がり、ネガティブなエネルギーを溶かし、燃やしつくしている様子を想像する。

・銀色と紫色の炎が自分の前に燃え上がり、あなたが出会うどんな暗黒のエネルギーも、それを溶かしている様子を想像する。

・炎を病人たちに送る。病人を取り囲んでいるネガティブな要素がすべてやきつくされるのを見守る。

・自分の怒り、恐れ、傷、ネガティブな要素を炎にくべて溶かす。

・調和を乱す人が炎の中にいる様子を思い描く。

・戦争や破滅のエネルギーを清めるために、炎がまわっていく様子を思い描くか、炎をもたらすように天使たちに頼む。

・体に痛みや凝りがある場合は、銀色と紫色の炎がその部位にふれるままにする。

・電話線、あるいはインターネットに炎を送り込み、ウェブを清める。

3.最後に、体の前と後ろで十字架を切るなど守護の象徴を描き、チャクラを閉じる。

この『銀色と紫色の炎による浄化』はセント・ジャーメインのバイオレットフレームに関連しているものの様ですね。

セント・ジャーメインとザドキエル、そしてガブリエルを召喚して浄化する『コズミック・ダイヤモンド・バイオレットフレーム』も とても強力で効果絶大です。

関連した他の記事も読む

ダイアナ・クーパー|紫色の炎|ヴァイオレットフレーム

失敗に終わったアトランティスの実験では、住人の大多数は自分自身、あるいは他人の暗い想念形体に打ち負かされた。雲のような思考の形体-フォーム-が、人々のオーラに浸透し、深く影響したのだ。やがて銀河宇宙評議会は、極度なネガティブさを変換するために、「紫色の炎」を与えることを決めた。

続きを読む

 

ゲリーボーネル|メッセンジャーは 叡智=メッセージ そのものではない

私たちは宇宙的に導かれ、転生から転生にいたる生と死、そして再誕生のプロセスの中で、覚醒へ向かって拡大していける様、神聖に「甘やかされて」いるのです。このことは最も覚醒している人々、モーセや釈迦、イエスやモハメッドとて同じなのです。

続きを読む


 

<スポンサーリンク>




アトランティスからのスピリチュアル・ヒーリング―再創造される太古の叡智 (超知ライブラリー)
 

AMAZON

超知ライブラリー019 アトランティスからのスピリチュアル・ヒーリング―再創造される太古の叡智 (超知ライブラリー)  ダイアナ・クーパー,シャーロン・ハットン 著 大野百合子 監修 清水 玲奈訳 P.165-166 より抜粋 2006年7月初版発行 徳間書店 ISBN4-19-862196-9

-書籍, ダイアナ・クーパー, 瞑想・エクササイズ
-, , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

violet flame

紫色の炎|バイオレットフレーム|アトランティスからのスピリチュアル・ヒーリング

ダイアナ・クーパーによる書籍、アトランティスからのスピリチュアル・ヒーリングの中には何度か【バイオレットフレーム】の記載がでてきます。 文末に 銀色と紫色の炎を呼び起こすと、ネガティブなエネルギーは変 …

バシャール|ハイヤーマインドとフィジカルマインド 04|バシャール スドウゲンキ

ハイヤーマインドがコンセプトと創造性を生み出す 須藤元気さんとバシャールの対話『バシャール スドウゲンキ』からの引用です。 前回は、ハイヤーセルフ=ハイヤーマインドがコンセプトを作っていて、脳はその翻 …

船井幸雄|本物の条件・特性とは?|学びのクセづけ

本物ってなに? 人は本質や本物にこだわることがあります。 本物というものは、依存や信仰ではなく、人を惹きつける魅力のある質なのでしょう。 当サイトで人気の船井幸雄さんの著書『学びのクセづけ(外部リンク …

マハラジ|病気や痛みに形はあるか|意識に先立って

シュリー・ニサルガダッタ・マハラジの新刊が2018年4月に発売されました。その『意識に先立って』からのご紹介です。 この本は、マハラジが癌を患った最晩年の対話をまとめているものです。訳者の高木悠鼓さん …

勇気が出る言葉|チャールズ・M・シュルツ

シュルツ|チャーリー・ブラウンは究極の負け組である|勇気が出る言葉

チャーリー・ブラウンは究極の負け組である -Charlie Brown is the ultimate loser.- これこそが彼の魔力であり、運命なのだ。 チャールズ・M・シュルツ 世界中から愛さ …