エックハルト・トール 書籍

エックハルトトール|ペインボディの逆襲01|ニュー・アース

投稿日:2018年2月1日 更新日:


このサイトで、とても人気のあるエックハルト・トールさんの記事。改めてニュー・アース(外部リンクAmazonへ)という人気書籍からご紹介したいと思います。

このエピソードは『物語』として、そして『ペインボディのしくみ』として、わかりやすくとても面白いな!と初めて読んだ時に感じました。


<スポンサーリンク>



「いまに在る」こと

『不幸』と一体化した女性

三十代の女性が私に会いに来た。初対面の挨拶で早くも、彼女の表面的な微笑みと礼儀正しさの奥にある苦痛が伝わってきた。

話し始めるとたちまち微笑は消え、苦しげな表情が現れた。

こちらのクライアントの女性は、少女時代に暴力的な父親に虐待を受け、とても重いペインボディを抱えていました。

彼女はペインボディと一体化していて、そのペインボディを通して物事を見て、捉えている状態でした。

自分の思考でペインボディを養っていたのです。

苦痛と思考に完全に自分を同一化していたため、自分の重荷は自分自身である、自分で苦痛を作っていることに表面的には気づいていませんでした。

しかし、エックハルト・トールは

自分の重荷は自分自身だと、どこかで気づいていたに違いない。

目覚めの用意はできていた。

だから私のもとに来たのだ。

と綴っています。

目を醒まして生きると決める。その準備ができた人だからこそのタイミングだったのです。セッションが始まります。

エックハルト・トールの個人セッション

私(エックハルト・トール)は、
身体のなかで何を感じているかを見つめてごらんなさい、不幸な思考、不幸な人生の物語というフィルターを通さずに、直接に思いを感じてごらんなさい』、
と勧めた。

自分は不幸から脱出する方法を教えてもらいに来たので、不幸に沈没するためにきたのじゃない』、と彼女は言い返したが、
とにかくやってみる』と答えた。やがて涙があふれて、体が震え出した。

それがあなたのいまの思いです』と私は言った。

それが今のあなたの思いだという事実はどうすることもできません。では、こんなのは嫌だ、そうじゃない状態になりたい、と考えるのをやめて(そんなことを考えても、すでにある苦しみにさらに苦しみが重なるだけですからね)いまの思いを完全に受け入れることはできますか?』。

彼女はしばらく黙っていたが、ふいに頭を上げ、そのまま立ち上がって帰りにそうなそぶりで荒々しく言った。
いいえ、受け入れることなんかできません』。

そう言っているのは誰ですか?』。私は問い返した。
あなたでしょうか、それともあなたのなかの不幸でしょうか?不幸な自分を思って不幸になる、それがまた不幸を積み重ねているのがわかりますか?』。

彼女はまた沈黙した。

何かをしなさい、と言っているのではないんですよ。ただ、現にある思いを認めることはできますか、と言っているだけなのです。奇妙に聞こえるかもしれませんが言い換えればこういうことです。

あなたが自分の不幸を気にしなくなったら、その不幸はどうなるんでしょうね?

やってみてはどうですか?』。

一瞬きょとんとしていた彼女は、しばらく口を開かなかった。私はふいに彼女のエネルギー場が変化したのを感じた。

おかしいですね。私はいまも不幸ですが、でもその不幸のまわりにスペースができたみたいです。前ほど重大に思えなくなりました。

不幸のまわりにスペースができた、こういう表現を聞いたのは初めてだった。

もちろんそのスペースは、いまこの瞬間に経験していることを全面的に受け入れたときに生じる。

 

それ以上はあまり言葉をかけず、彼女が今を経験するのに任せておいた。

やがて彼女は、自分のなかに生きている古い苦痛の感情に自分を同一化するのをやめたとき、そしてそれに抵抗せずただ見つめたとき、それはもう彼女の思考の支配者ではなくなり、心のなかでつくりあげた「不幸な私」と言う物語の一部でもなくなる、と気づいた。

彼女の人生に過去乗り越えた新しい側面がーー
「いまに在る」という側面がーー現れたのである。

不幸な物語がなければ不幸ではいられないから、これで彼女の不幸は終わった。

それは彼女のペインボディの終わりの始まりでもあった。

感情そのものは別に不幸ではない。感情に不幸の物語がくっついたときにだけ、不幸になる。

エックハルト・トール

気づいてしまうとすぐ起こる目覚め。不幸な物語を自分で作りだして、そこに浸っているときは、自分で不幸を選択している訳なのですね。

エックハルト・トールが途中でクライアントにたずねている『そう言っているのは誰ですか?』=不幸を感じているのはだれですか?という問いかけは、マハラジラメッシ。そしてラマナ・マハルシにつながっていく言葉です。

彼女はペインボディとグッバイしました。が、その残されたペインボディはどうなるのでしょうか?次号に続きます。

<スポンサーリンク>




関連した他の記事も読む

エックハルトトール|自分を思考で定義付けしないこと

「私にはわからない」というのは混乱ではない。混乱というのは、「私にはわからないが、しかしわかりたい」、あるいは「私にはわからないが、しかしわかる必要がある」という状態だ。

続きを読む

 

マハラジ|「私」と「私のもの」は偽りの観念だ

この執着は、「私」と「私のもの」という感覚とともに生まれたものだ。これらの言葉のもつ本当の意味を見いだしなさい。そうすれば、すべての束縛から自由になるだろう。…続きを読む

 

 

バシャール|それを手放し、ゆだねて、実現するかどうか気にしない|1日15分で願いを実現させる方法 01

すべての決心は、本当の、真実の決定です。
そこは誤解しないようにしてください。ポジティブであろうがネガティブであろうが、ある人がある決断を本当にすれば、それが実現してしまうのです。ですから、本当の決断、決心が必ずポジティブというわけではありません。

…続きを読む


ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる-
Amazon
キンドル版はこちら
ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる エックハルト・トール 著 吉田利子 訳 P.179〜182 より抜粋 2008年10月初版発行 サンマーク出版 ISBN978-4-7631-9872-3 C0030

-エックハルト・トール, 書籍
-, , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

マハラジ|古い自己と対峙する『神となった新たな自己』の関係|私は在る

マハラジの『私は在る』 からのご紹介です。 ニサルガダッタ・マハラジが質問者の「古い自己と別に新しい自己が出現した」というエピソードに答えていきます。「新しい自己とは古い自己の完全な否定で、許容された …

バシャール|ソウルメイトとは 02|未来を動かす

すべての人間関係の目的とは 前回に続き、安藤美冬さんがインタビュアーとなったバシャールとの対話集『未来を動かす』からのご紹介です。 前回に続き、特にソウルメイトの有り様について掘り下げていきます。人間 …

ダイアナクーパー|銀色と紫色の炎による浄化|アトランティスからのスピリチュアル・ヒーリング

エクササイズ:銀色と紫色の炎 瞑想として、あるいは散歩やガーデニングをしているときに行うことができるが、車や機械を運転しているときに行ってはいけない。 非常に高いスピリチュアルなエネルギーで、人を開か …

マハラジ|病気や痛みに形はあるか|意識に先立って

シュリー・ニサルガダッタ・マハラジの新刊が2018年4月に発売されました。その『意識に先立って』からのご紹介です。 この本は、マハラジが癌を患った最晩年の対話をまとめているものです。訳者の高木悠鼓さん …

エックハルトトール|ペインボディ-私たちがひきずる過去の古い痛み 02

エックハルト・トールの言っている『ペインボディ』についてもう少し掘り下げていきたいと思います。 前回の記事はこちら 個人と集団 (前回のつづき) ペインボディは集団意識の顕れ? しかしペインボディは非 …