書籍 ニサルガダッタ・マハラジ

マハラジ|探求者とは自分自身を探している人だ

投稿日:2017年5月13日 更新日:


「私は誰か?」以外のすべての質問を放棄しなさい

結局、あなたが確信できる唯一の事実とは

あなたは在るということだけだ

「私は在る」は確かだ

「私はこれだ」は確かではない

真実のあなたとは何なのか

それを見いだすために努めなさい


あなたが何なのかを知るために

あなたが何でないのかを知りなさい

あなたでないものをすべて発見しなさい

身体、感情、思考、時間、空間、あれやこれ…

具象であれ、抽象であれ

あなたに知覚できるものはあなたではない

知覚するという行為そのものが

あなたの知覚するものが

あなたではないことを示している


マインドのレベルにおいては

あなたは否定的言語によってしか描写できない

ということを明確に理解するほど

あなたの探求はより早く終焉を迎える

そして、あなたが無限の存在であることを悟るのだ

シュリー・ニサルガダッタ・マハラジ

関連した他の記事も読む

マハラジ|「私」と「私のもの」は偽りの観念だ

この執着は、「私」と「私のもの」という感覚とともに生まれたものだ。これらの言葉のもつ本当の意味を見いだしなさい。そうすれば、すべての束縛から自由になるだろう。…続きを読む

 

 

ゲリーボーネル|メッセンジャーは 叡智=メッセージ そのものではない

私たちは宇宙的に導かれ、転生から転生にいたる生と死、そして再誕生のプロセスの中で、覚醒へ向かって拡大していける様、神聖に「甘やかされて」いるのです。このことは最も覚醒している人々、モーセや釈迦、イエスやモハメッドとて同じなのです。…続きを読む

 


アイ・アム・ザット 私は在る―ニサルガダッタ・マハラジとの対話

アイ・アム・ザット 私は在る―ニサルガダッタ・マハラジとの対話 スダカール・S. ディクシット 編集 P.20〜21 より抜粋 2005年6月初版発行 ナチュラルスピリット ISBN4-931449-70-0 C0010

<スポンサーリンク>



-書籍, ニサルガダッタ・マハラジ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

あるインドの丘

あるがままに|ラマナ・マハルシの教え

ラマナ・マハルシの『あるがままに』をご紹介いたします。マハラジ、ラメッシの書籍を読んでその流れから、彼の存在を知りました。 時代背景としては、マハルシが生まれ、マハラジ、ラメッシとなります。 ラマナ・ …

バシャール|幸せの『法則とトリセツ』01|バシャール2017

バシャール2017の内容は? 2017年 11月に発売された『バシャール2017』。 こちらの書籍は3日に分けたインタビュー3章と、喜多見龍一さんの考察で主に構成されています。 私とはなにか?に始まり …

ラメッシ|誰がかまうもんか?!

ラメッシ・バルセカールの本「誰がかまうもんか?!」(※外部リンクへ)は、師であるマハラジのアイ・アム・ザットと比べると、わかりやすい文体と内容であると聞き、手にしてみました。 序文からざっくばらんなタ …

ラメッシ|努力の必要はないのになぜ学ぼうとするのか 02|意識は語る

前回に続きラメッシ・バルセカールの『意識は語る』の中からご紹介です。 質問者の『努力をしても無駄とラメッシは言っているのに、なぜ私たちは学ぼうとするのか』という問いに対して『起きなければいけない出来事 …

エックハルトトール|ペインボディ-私たちがひきずる過去の古い痛み 01

エックハルト・トールの本/考え方の中で面白い捉え方なのが『ペインボディ』。 ペインボディとは?という記事を読む 彼の理論/考えでは、ネガティブな感情が湧いたときに、向き合わずにいると、その感情が消化さ …