書籍 ニサルガダッタ・マハラジ 瞑想・エクササイズ

マハラジ|思考から自由になる それ自体が瞑想だ|私は在る

投稿日:2017年9月8日 更新日:


今日は『私は在る』の中でマハラジが述べている『瞑想の仕方』をご紹介します。

それは、端的でシンプルなもので、それでいて究極なものです。ここに至ることが可能であれば『覚醒め-めざめ-』るのであろうと感じます。

時間の問題ではなく、いかに真剣に取り組むかが鍵となると他でも述べています。

48 気づきは自由だ

質問者

瞑想とはなんでしょうか?何がその効用なのでしょうか?

マハラジ

あなたが初心者であるかぎり、ある形式的な瞑想、あるいは祈りが向いているだろう。

しかし、実在の探求者にはただひとつの瞑想があるだけだ。それは思考を潜ませることへの厳格な拒絶だ

思考から自由になること、それ自体が瞑想だ。

質問者:それはどのようになされるのでしょうか?

マハラジ

思考が起こるにまかせ、それらを見ることだ。その観察自体がマインドをゆっくりさせ、完全に止まらせる。ひとたび、マインドが静まったなら、それを静かに保ちなさい

平安に退屈になってはならない。そのなかに在りなさい。そのなかにより深く入っていきなさい。

 質問者:ほかの思考を避けるため、ひとつの想いをもちつづけるという事について聞きました。
しかしどのようにして、すべての思考を追い払いつづけるのでしょうか。その考え自体が思考なのです。

マハラジ

新しい実験をしてみなさい。過去の体験にしたがってはならない。

あなたの思考をみなさい。そして思考を見ているあなた自身を見なさい。
すべての思考から自由になった状態が突然起こるだろう。そしてその至福によって、それを認識するだろう。

祈りか形式的なものという例えも、とてもいいなと思いました。初めて瞑想をやる方には、誘導瞑想はやりやすいかもしれませんね。

探求者には瞑想はひとつしかない という言葉にも、とても重みを感じます。

<スポンサーリンク>




関連した他の記事も読む

マハラジ|探求者とは自分自身を探している人だ

マインドのレベルにおいてはあなたは否定的言語によってしか描写できないということを明確に理解するほど

あなたの探求はより早く終焉を迎える

 

続きを読む

ゲリーボーネル|メッセンジャーは 叡智=メッセージ そのものではない

私たちは宇宙的に導かれ、転生から転生にいたる生と死、そして再誕生のプロセスの中で、覚醒へ向かって拡大していける様、神聖に「甘やかされて」いるのです。このことは最も覚醒している人々、モーセや釈迦、イエスやモハメッドとて同じなのです。

続きを読む


アイ・アム・ザット 私は在る―ニサルガダッタ・マハラジとの対話

アイ・アム・ザット 私は在る―ニサルガダッタ・マハラジとの対話 スダカール・S. ディクシット 編集 P.242 より抜粋 2005年6月初版発行 ナチュラルスピリット ISBN4-931449-70-0 C0010

-書籍, ニサルガダッタ・マハラジ, 瞑想・エクササイズ
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

エックハルトトール|ペインボディの逆襲02|ニュー・アース

前回の『ペインボディの逆襲』の続きです。生きづらさを感じていた女性は、エックハルト・トールの言葉によって自分が『不幸を作り出していた』ことに気づき、スペースを置くことが可能になりました。 彼女は不幸と …

ダイアナクーパー|満月の儀式|アトランティスからのスピリチュアル・ヒーリング

このサイトで大人気のダイアナ・クーパー。書籍、アトランティスからのスピリチュアル・ヒーリングのからのご紹介です。 新月にお願いごとをして、満月で終了し感謝する儀式・おまじないは浸透しているようですが、 …

マハラジ|古い自己と対峙する『神となった新たな自己』の関係|私は在る

マハラジの『私は在る』 からのご紹介です。 ニサルガダッタ・マハラジが質問者の「古い自己と別に新しい自己が出現した」というエピソードに答えていきます。「新しい自己とは古い自己の完全な否定で、許容された …

バシャール|ソウルメイトとは 01|未来を動かす

すべての人間関係の目的とは 前回に続き、安藤美冬さんがインタビュアーとなったバシャールとの対話集『未来を動かす』からのご紹介です。 5つの宇宙の法則 【1】宇宙は5つの法則しかありません。=それ以外は …

バシャール|子供を生むということの意義 02

Q 24: 個人的な質問なのですけれど、私はいつも人生で何が起こるか、分かっていたように思います。例えば、どういう人が人生に現れて、夫の職業がなんであるか、ということまで知っていたような気がするのです …