書籍 ラマナ・マハルシ

あるがままに|ラマナ・マハルシの教え

投稿日:2018年1月22日 更新日:


ラマナ・マハルシの『あるがままに』をご紹介いたします。マハラジラメッシの書籍を読んでその流れから、彼の存在を知りました。

時代背景としては、マハルシが生まれ、マハラジ、ラメッシとなります。

ラマナ・マハルシとは?

今から100年以上前、16歳になる男の子が家を出て、南インドの聖なる山に登り、そこで覚醒します。それから一度も家に戻ることなく、その山の麓に修行の場を作り、お弟子さんたちと過ごしました。
それがラマナ・マハルシさんです。この書籍の中ではシュリー=Sri(インドに於ける尊敬の念をこめた尊称)・ラマナと呼ばれています。

マハルシは覚醒の予兆となるできごとを経て(一ヶ月ほど前に臨死体験し、不死不滅を理解する)、聖なる道を歩むことを決め、家族を置いてアルナーチャラに入山し、真我を実現しました。

アルナーチャラを紹介しているblogがあったのでご参考まで。とても面白いシヴァ神のエピソードがあります。(外部リンク)

エゴを吸い取る!南インドの聖なる山を裸足で登ってみた結果

私はシュリー・ラマナ・マハルシの本を手に取り彼を知ったことで、この聖なるアルナーチャラ山、アルナーチャラの丘を訪れてみたいと感じました。

 

この本では6章にわかれ、質問にシュリー・ラマナが答えていきます。そして最後に実際に使用されていた【小冊子】に記載されていた内容で締めくくられています。

この【小冊子】パートが一番この書籍の中でわかりやすく明快な感じがしました。平易な言葉と例えで記されています。

<スポンサーリンク>



私は誰か? -Who am I ?-

生きとし生けるものは、いつでも幸福であることを願い、不幸でないことを願っている。

誰にとっても、そこには自分自身への至上の愛がみられる。

そして幸福だけがその愛の源なのである。

それゆえ、人間の本性である幸福、想念のない深い眠りのなかで体験される幸福を手に入れるために、人は自分自身を知らねばならない。

そのためには、「私は誰か?」という問いで探求する知識の道が最も重要な方法である。

1 私とは誰でしょうか?

七つの要素※1から成る粗大な身体、それは私ではない。

五つの感覚器官、聴覚、触覚、視覚、味覚、臭覚は、それぞれの対象である音、感触、色、味、匂いをとらえるが、私はそれらではない。

五つの能動的な器官である言語器官、運動器官、認識器官、排泄器官、生殖器官は、それぞれ話すこと、動くこと、理解すること、排泄すること、楽しむことという働きをするが、私はそれらではない。

五つの生気※2、すなわちプラーナなどは、呼気などの五つの働きをするが、それは私ではない。

ものごとを考える心でさえ、私ではない。

対象物の印象だけが刻み込まれた無知も、対象物も働きもない無知も、私ではない。

2 もし私がこれらのものではないなら、私は誰でしょうか?

今述べたことすべてを「これではない」、「これではない」と否定していったあとに、ただひとつ残る覚醒ーそれが私である。

 

シュリー・ラマナ・マハルシ

 

※1 栄養液、血液、肉、脂肪、骨、髄、精子
※2 身体で働いている5つの気=パンチャプラーナ アパーナ、プラーナ、サマーナ、ヴィヤーナ、ウダーナ

<スポンサーリンク>




関連した他の記事も読む

ラマナマハルシ|幸せとは?|あるがままに

幸福とは真我の本性そのものである。
幸福と真我は別のものではない。世界のいかなるものごとのなかにも幸福はない。われわれは無知ゆえに、ものごとから幸福を得るものだと思っている。
心が外へ出ていくと、不幸を体験する。

続きを読む

ラメッシ|誰がかまうもんか?!

毎月、その弟子は自分の進歩を書き綴って、師にまめに送っていました。

最初の月、彼は次のように書きました。
「私は意識の拡大を感じ、宇宙との一体感を体験します」。
師はその報告を一読すると、投げ捨てました。

続きを読む

マハラジ|探求者とは自分自身を探している人だ

あなたが何なのかを知るために あなたが何でないのかを知りなさい あなたでないものをすべて発見しなさい

あなたに知覚できるものはあなたではない 知覚するという行為そのものが あなたの知覚するものが あなたではないことを示している

マインドのレベルにおいてはあなたは否定的言語によってしか描写できないということを明確に理解するほど あなたの探求はより早く終焉を迎える

続きを読む

 


あるがままに|ラハマ・マハルシの教え

 

あるがままに ― ラマナ・マハルシの教え デーヴィッド・ゴッドマン (編集), 福間 巖 (翻訳) 特別収録 私は誰か?よりP.393 より抜粋 2005年12月初版発行 ナチュラルスピリット ISBN4-931449-77-8 C0010

-書籍, ラマナ・マハルシ
-, , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

マハラジ|思考から自由になる それ自体が瞑想だ|私は在る

今日は『私は在る』の中でマハラジが述べている『瞑想の仕方』をご紹介します。 それは、端的でシンプルなもので、それでいて究極なものです。ここに至ることが可能であれば『覚醒め-めざめ-』るのであろうと感じ …

エックハルトトール|ペインボディとは?

エックハルト・トールはいろいろな書物のなかで『ペインボディ』について語っています。今日は「人生が楽になる超シンプルなさとり方」からのご紹介です。 <スポンサーリンク> 「ペインボディ」とはなにか? か …

マハラジ|探求者とは自分自身を探している人だ|私は在る

「私は誰か?」以外のすべての質問を放棄しなさい 結局、あなたが確信できる唯一の事実とは あなたは在るということだけだ 「私は在る」は確かだ 「私はこれだ」は確かではない 真実のあなたとは何なのか それ …

エックハルトトール|ペインボディの逆襲01|ニュー・アース

このサイトで、とても人気のあるエックハルト・トールさんの記事。改めてニュー・アース(外部リンクAmazonへ)という人気書籍からご紹介したいと思います。 このエピソードは『物語』として、そして『ペイン …

ラメッシ|真我を覚醒するとは?|誰がかまうもんか?!

引き続きラメッシ・バルセカールのお話です。 質問者(レガン)は『私は成長しなければいけない、変容をおこさなければいけない…』と思っている人。スピリチュアルな世界に沢山いるタイプの方だと思います。 それ …