書籍 珠玉の言葉 その他

シュルツ|チャーリー・ブラウンは究極の負け組である|勇気が出る言葉

投稿日:2017年10月28日 更新日:


勇気が出る言葉|チャールズ・M・シュルツ

チャーリー・ブラウンは究極の負け組である
-Charlie Brown is the ultimate loser.-

これこそが彼の魔力であり、運命なのだ。

チャールズ・M・シュルツ

世界中から愛されている【PEANUTS】スヌーピーで有名な漫画家 チャールズ・M・シュルツの言葉です。1950年から新聞に掲載された【PEANUTS】というタイトルの4コマ漫画は世界各地で愛され、1984年には2000紙!?に掲載されていたそうです。

チャーリー・ブラウンは、スヌーピーの飼い主。彼は野球をやってもなにをやってもパッとしません(そんなキャラクターを演じていますがチャーリーはピーナッツの主人公♪)。

そこが愛すべきキャラクターであり、彼のチャレンジ精神こそ見習うべきところかもしれません。

シュルツはこう続けています。

チャーリー・ブラウンは挑戦し続けるという点において世界チャンピオンであり、これは重要なことだと思う。

チャールズ・M・シュルツ

挑戦し続けること、止めないこと。『成功しないのは、皆途中でやめてしまうからだ』という事をいう人はたくさんいますが、これこそが成功の秘訣なのかもしれません。

負け組だっていいじゃないか。と思わせる、素敵なひとことでした。

<スポンサーリンク>




関連した他の記事も読む

大野舞|【胎内記憶とは?】スピリチュアル母さん

胎内記憶って言葉を聞いたことがありますか?生まれてくる前に持っている記憶、お母さんのお腹の中に居た時のことや、子供さんによっては前世の記憶を持ち、だれの子供であってどのように生活をし、息絶えたかを憶えている場合もあります。このような『生前に母親のお腹に居たときの記憶』全般を胎内記憶と呼んでいる場合が多いです。

続きを読む

ラメッシ|努力の必要はないのになぜ学ぼうとするのか 01|意識は語る

あなたはここにいざるをえませんし、私もまたここにいざるをえません。話しているこれと聞いているそれは、話すー聞くが一つの出来事として起こるために、ここにいなければならないのです。あなたは自分が聞いていると思っていますが、聞くことはこの肉体精神機構を通じて起こっていて、それは解体、悟りのプロセス、進行していることの一部です。

続きを読む

 


勇気が出る言葉 チャールズ・M・シュルツ

チャールズ・M・シュルツ 勇気が出る言葉 (角川書店単行本)  P.349-351 より抜粋 2013年11月初版発行 角川文庫 ISBN978-4041106136

-書籍, 珠玉の言葉, その他
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ラマナマハルシ|幸せとは?|あるがままに

ラマナ・マハルシの『あるがままに』から引き続き【小冊子】『私は誰か? -Who am I ?-』に記載されていたものをご紹介します。 この記事を書くにあたり、あらためてラメッシの書籍を読み返してみると …

エックハルトトール|インナーボディにつながる方法 03

  エックハルト・トールのインナーボディにフォーカスするエクササイズ・瞑想法やり方を2回に分けてとりあげました。 「インナーボディ」とはなにか? インナーボディは、肉体に生命を与える、見えざ …

エックハルトトール|ペインボディ-私たちがひきずる過去の古い痛み 02

エックハルト・トールの言っている『ペインボディ』についてもう少し掘り下げていきたいと思います。 前回の記事はこちら 個人と集団 (前回のつづき) ペインボディは集団意識の顕れ? しかしペインボディは非 …

マハラジ|「私」と「私のもの」は偽りの観念だ

マハラジの言葉は、難解で理解しがたい印象を皆さん受けるようです。この章での話は、比較的とっつきやすい一般的な質問(真我に至るには?といった覚醒そのものについての質問でないという意味)だと思います。 早 …

バシャール|ビギナーズラックのしくみ|未来はえらべる!

ビギナーズラックのしくみ バシャールが、なぜビギナーズラックというものが起こるのか、その仕組みをスピリチュアルな視点から話しています。その内容は本田健さんも、とても同意できるものであったようです。 < …