書籍 ラメッシ・バルセカール

ラメッシ|プログラミング、条件づけ、そしてプログラムされたコンピュータ|誰がかまうもんか?!

投稿日:2017年9月16日 更新日:


ラメッシ・バルセカールの文章の中に『プログラミング』という言葉が出てきます。この話題から私は『水槽の中の脳』や『マトリックス』の世界を思いおこします。

モフィアスがネオに『その呼吸は本当にしているのか?』と尋ねる場面がありますが、本当に私たちの生活で起こっているのでしょうか?

私たちの生活や人生は『夢の中』での出来事なのでしょうか。

プログラミング、条件づけ、そしてプログラムされたコンピュータ

私がプログラミングと言うとき、それは受胎の瞬間に刻印された、ある生まれつきの特徴を意味しています。

肉体的、精神的、直感的、感情的なものです。

そして、この肉体精神機構は環境によって条件づけられてきました。あなたは自分の両親について選択ができませんでした。あなたは遺伝子、すなわちDNAについて選択できませんでした。あなたは環境について選択ができませんでした。

それゆえ、あなたはこの肉体精神機構が受け取る条件づけについても、選択ができませんでした。

私がプログラミングと言うのは、遺伝子と条件づけのことです。

ラメッシと質問者の対話がはじまります。

マーク:
私の感じでは、「ヴァーサナー」(Vasana 精神的傾向)とエゴが関連していて、ヴァーサナーがたくさんあると、エゴが強いです。

ラメッシ:
「ヴァーサナー」とは、どういう意味でしょうか?「ヴァーサナー」とは、受け継いた傾向を意味しています。

マーク:
プログラミングですか?

ラメッシ:
受け継いた傾向とは、プログラミングです
。ある場合には非常に強い抵抗力をもつプログラミングになり、また他の場合には非常に開放的な〜つまり非常に受容性がある〜プログラミングになることもあります。

マーク:
一つの肉体精神機構が人生を進んでいくとき、あなたは条件づけがあると…

ラメッシ:
条件づけは常に起こります。
そして、新しい条件づけが古い条件づけを変えることもあります。新しい観念が古い観念を消去します。
ラマナ・マハルシが言ったように、それが観念の唯一の使い道です。
つまり、あなたの足に刺さった棘を抜くために、別の棘が使われ、それからあなたはどちらの棘も捨て去るのです。

+ + +

ラメッシ:
…脳は自力で動けない肉体精神機構の一部であり、それは何も創造することができません。それはただ受信して、反応することだけしかできません。それは反応器官、一つの装置です。

マルクス
では、この「肉体ー精神」は、受け取って、行為しているわけですね?

ラメッシ:
そのとおりです。(会話は続く…)

このお話は具体例へとつながっていきます。条件づけで新たに書き換えられる「観念」。まさにプログラミングの世界です。ここでも「マトリックス」のスミスというプログラミングがどんどん強力に更新されていく様を思い出します。

「観念」はどんどん書き換えることが可能で、日常その繰り返しが起こっているということなのですね。

<スポンサーリンク>




関連した他の記事も読む

ラメッシ|誰がかまうもんか?!

毎月、その弟子は自分の進歩を書き綴って、師にまめに送っていました。最初の月、彼は次のように書きました。「私は意識の拡大を感じ、宇宙との一体感を体験します」。
師はその報告を一読すると、投げ捨てました。

続きを読む

エックハルトトール|自分を思考で定義付けしないこと

「私にはわからない」というのは混乱ではない。混乱というのは、「私にはわからないが、しかしわかりたい」、あるいは「私にはわからないが、しかしわかる必要がある」という状態だ。では自分は何者かを知りたい、知る必要がある、という思いを捨てられるだろうか?

続きを読む

 

 


誰がかまうもんか?! ―ラメッシ・バルセカールのユニークな教え

誰がかまうもんか?! ―ラメッシ・バルセカールのユニークな教え ブレイン・バルドー 編 高木悠鼓 訳 P.83-85 より抜粋 2010年2月初版発行 ナチュラルスピリット ISBN978-4-903821-66-5 C0010

-書籍, ラメッシ・バルセカール
-, , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

あるインドの丘

あるがままに|ラマナ・マハルシの教え

ラマナ・マハルシの『あるがままに』をご紹介いたします。マハラジ、ラメッシの書籍を読んでその流れから、彼の存在を知りました。 時代背景としては、マハルシが生まれ、マハラジ、ラメッシとなります。 ラマナ・ …

エックハルトトール|ペインボディ-私たちがひきずる過去の古い痛み 01

エックハルト・トールの本/考え方の中で面白い捉え方なのが『ペインボディ』。 ペインボディとは?という記事を読む 彼の理論/考えでは、ネガティブな感情が湧いたときに、向き合わずにいると、その感情が消化さ …

ゲリーボーネル|メッセンジャーは 叡智=メッセージ そのものではない

メッセンジャーはメッセージではない The Messengers are Never the Message オーストラリアのアボリジニの宗教から中東のゾロアスター教まで、世界の霊的な道のすべてで言わ …

ラメッシ|努力の必要はないのになぜ学ぼうとするのか 02|意識は語る

前回に続きラメッシ・バルセカールの『意識は語る』の中からご紹介です。 質問者の『努力をしても無駄とラメッシは言っているのに、なぜ私たちは学ぼうとするのか』という問いに対して『起きなければいけない出来事 …

マハラジ|「私」と「私のもの」は偽りの観念だ

マハラジの言葉は、難解で理解しがたい印象を皆さん受けるようです。この章での話は、比較的とっつきやすい一般的な質問(真我に至るには?といった覚醒そのものについての質問でないという意味)だと思います。 早 …