書籍 ラメッシ・バルセカール

ラメッシ|真我を覚醒するとは?|誰がかまうもんか?!

投稿日:2017年9月22日 更新日:


引き続きラメッシ・バルセカールのお話です。
質問者(レガン)は『私は成長しなければいけない、変容をおこさなければいけない…』と思っている人。スピリチュアルな世界に沢山いるタイプの方だと思います。

それに対してラメッシは『それが問題のすべてですね』と答えます。

第7章 教えが日常生活に与える影響

レガン:毎日瞑想することは、役立ちますか?

ラメッシ何のために役立つのですか?それがすべての問題です。瞑想は何のために役立つのか?

レガン:心の平和のために。

ラメッシああ!ということは、あなたが探しもとめているものは、心の平和なんですね。そして、それが期待ですね。

レガン:私は自分がいつも何かを探し求めていると思っています。

ラメッシはい、それがすべての問題です。

ですから、せっせと何かに励んでください。そして、もし、あなたがお金のために何もする必要がなければ、それは大変結構なことです。

でも何かをしてください。

何らかの助けを必要としている人たちが、あなたのまわりにいるはずだと、私は確信しています。あなたのまわりに、何か助けを必要としている人たちがいませんか?

もしあなたが人々を助けることができれば、彼らは「ありがとうございます。私はとても感謝しています」と言うはずです。そして誰か他の人から感謝されることは、ある種の満足感をもたらします。

人々があなたをほめたり、あなたに感謝を表したりしたとき、何が起こるでしょうか?

もし期待があれば、そのときプライド(自尊心)が生じます。でも、何の期待もなければ、誰かが助けられると、満足感だけが ”わき起こる” のです。

そして、もしあなたがしばらくの間これをやりつづければ、そのときには継続的な満足感それ自体が、あなたが求めている心の平和となります。

でも期待があれば心の平和になりませんーーあるのはプライドだけです。

 

レガン:わたしはいつも変化したいと思っています。悟りや変容についての、それから自分が変わらなければならないとか、自分が感じたいとか、こういったすべての観念が……

 

ラメッシ自分自身を改善しなければならない、変えなければならない、変容しなければならないーーそれがすべての問題ではありませんか?

なぜ自分を変容すべきなのでしょうか?なぜ自分をありのままに受け入れないのですか?あなたが求めている心の平和は、あなたが”それを求めるのをやめて、ものごとを起こるがままにする”ときに”のみ”生じるのです。

このことを理解してください!これが理解のまさに基礎ですーー「誰も」、真我を覚醒した人ではありません。私の考えでは、これを理解することが非常に重要です。

どんな人間も真我を覚醒することはできません。事実、「私」は真我を覚醒したという思いこみがあるかぎり、真我の覚醒はまだ起こって”いない”のです。

おわかりですか?

ラメッシ・バルセカール

私が ラメッシ・バルセカール に触れたのは図書館の蔵書でした。今、この本は店頭ではなかなか手に入りにくいようですが、Amazonのレビューをみていると「一度捨てた」という方が何人かいらっしゃる様です(笑)

ラメッシの言葉を聞いて、普段潜んでいるエゴやプライドが暴れだすのかもしれません。それで本を手放してしまうのでしょう。

自分の中でタイミングが合ったとき、目を覚ましていこうと決めたときに出会える本なのかも知れません。

 

<スポンサーリンク>




関連した他の記事も読む

ラメッシ|プログラミング、条件づけ、そしてプログラムされたコンピュータ

私がプログラミングと言うとき、それは受胎の瞬間に刻印された、ある生まれつきの特徴を意味しています。肉体的、精神的、直感的、感情的なものです。
…条件づけは常に起こります。そして、新しい条件づけが古い条件づけを変えることもあります。新しい観念が古い観念を消去します。

続きを読む

マハラジ|探求者とは自分自身を探している人だ

あなたが何なのかを知るために あなたが何でないのかを知りなさい あなたでないものをすべて発見しなさい

あなたに知覚できるものはあなたではない 知覚するという行為そのものが あなたの知覚するものが あなたではないことを示している

マインドのレベルにおいてはあなたは否定的言語によってしか描写できないということを明確に理解するほど あなたの探求はより早く終焉を迎える

続きを読む

 


誰がかまうもんか?! ―ラメッシ・バルセカールのユニークな教え

誰がかまうもんか?! ―ラメッシ・バルセカールのユニークな教え ブレイン・バルドー 編 高木悠鼓 訳 P.277-278 より抜粋 2010年2月初版発行 ナチュラルスピリット ISBN978-4-903821-66-5 C0010

-書籍, ラメッシ・バルセカール
-, , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

マハラジ|思考から自由になる それ自体が瞑想だ|私は在る

今日は『私は在る』の中でマハラジが述べている『瞑想の仕方』をご紹介します。 それは、端的でシンプルなもので、それでいて究極なものです。ここに至ることが可能であれば『覚醒め-めざめ-』るのであろうと感じ …

バシャール|協働,そして自然との調和|アセンション時代に求められる日本人の役割

バシャール2017 発売! 11月に発売された『バシャール2017』をようやく手にしました。Amazonではカテゴリーのトップセールスだったようですが、近所の本屋さんを3件回りましたが置いている店舗が …

エックハルトトール|ペインボディとは?

エックハルト・トールはいろいろな書物のなかで『ペインボディ』について語っています。今日は「人生が楽になる超シンプルなさとり方」からのご紹介です。 <スポンサーリンク> 「ペインボディ」とはなにか? か …

船井幸雄|良心との対話|学びのクセづけ

『良心と対話する』ことのすすめ 大きな悩みや自分で結論を出しにくい問題に直面すると、誰か『他者』に意見を聞いてみたり、本を読んでみたり、ネットで情報を得たくなるものです。 自分の中に解を見出すために、 …

ラマナマハルシ|困難と体験|あるがままに

ラマナ・マハルシの『あるがままに』の本編『第五部 体験』からをご紹介したいと思います。第16章の『困難と体験』では冒頭に 身体的苦痛や不安、精神的混乱、感情の揺らぎ、そしてその合間にしばしば起こる至福 …