書籍 ニサルガダッタ・マハラジ

マハラジ|探求者とは自分自身を探している人だ|私は在る

投稿日:2017年5月13日 更新日:


「私は誰か?」以外のすべての質問を放棄しなさい

結局、あなたが確信できる唯一の事実とは

あなたは在るということだけだ

「私は在る」は確かだ

「私はこれだ」は確かではない

真実のあなたとは何なのか

それを見いだすために努めなさい


あなたが何なのかを知るために

あなたが何でないのかを知りなさい

あなたでないものをすべて発見しなさい

身体、感情、思考、時間、空間、あれやこれ…

具象であれ、抽象であれ

あなたに知覚できるものはあなたではない

知覚するという行為そのものが

あなたの知覚するものが

あなたではないことを示している


マインドのレベルにおいては

あなたは否定的言語によってしか描写できない

ということを明確に理解するほど

あなたの探求はより早く終焉を迎える

そして、あなたが無限の存在であることを悟るのだ

シュリー・ニサルガダッタ・マハラジ

関連した他の記事も読む

マハラジ|病気や痛みに形はあるか|意識に先立って

あなたが肉体と一体化するとき、概念的にそれを汚染するかもしれないが、本質的には意識は非常に純粋なものだ。生命ー呼吸は非常に純粋であり、この存在性はさらにそれより純粋だ。
私はアートマン(至高の自己)、真我について話している。

 

続きを読む

マハラジ|「私」と「私のもの」は偽りの観念だ

この執着は、「私」と「私のもの」という感覚とともに生まれたものだ。これらの言葉のもつ本当の意味を見いだしなさい。そうすれば、すべての束縛から自由になるだろう。…続きを読む

 

 

ゲリーボーネル|メッセンジャーは 叡智=メッセージ そのものではない

私たちは宇宙的に導かれ、転生から転生にいたる生と死、そして再誕生のプロセスの中で、覚醒へ向かって拡大していける様、神聖に「甘やかされて」いるのです。このことは最も覚醒している人々、モーセや釈迦、イエスやモハメッドとて同じなのです。…続きを読む

 

 


アイ・アム・ザット 私は在る―ニサルガダッタ・マハラジとの対話

アイ・アム・ザット 私は在る―ニサルガダッタ・マハラジとの対話 スダカール・S. ディクシット 編集 P.20〜21 より抜粋 2005年6月初版発行 ナチュラルスピリット ISBN4-931449-70-0 C0010

<スポンサーリンク>




-書籍, ニサルガダッタ・マハラジ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

セント・ジャーメイン|目覚めに入る 04|神性を生きる

セント・ジャーメインの書籍『神聖を生きる』からの続きです。 前の記事を読んでみる 前回では「薔薇の果実」に気づき、アセンションへの鍵を掴み取りスピリチュアルな道を歩みだしました。 本を手に入れ、クラス …

ラメッシ|努力の必要はないのになぜ学ぼうとするのか 02|意識は語る

前回に続きラメッシ・バルセカールの『意識は語る』の中からご紹介です。 質問者の『努力をしても無駄とラメッシは言っているのに、なぜ私たちは学ぼうとするのか』という問いに対して『起きなければいけない出来事 …

さとうみつろう|なぜ感情は湧くのだろうか?|神さまとのおしゃべり

Gerd Altmann なぜ感情は湧くのだろう? 引き続き さとうみつろう さんの書籍『神様とのおしゃべり』から紹介したいと思います。 前回の記事はこちら 感情はなぜ湧くのか?という疑問も、普段何気 …

ラメッシ|『誰がかまうもんか』という言葉に込められた本当の意味|誰がかまうもんか?!

ラメッシ・バルセカールの本「誰がかまうもんか?!」(※外部リンクへ)にある、序文のざっくばらんな導入部の言葉である師とのやり取りの本質が理解できていないカルメンという質問者から、ラメッシに問いかけがあ …

ラマナマハルシ|困難と体験|あるがままに

ラマナ・マハルシの『あるがままに』の本編『第五部 体験』からをご紹介したいと思います。第16章の『困難と体験』では冒頭に 身体的苦痛や不安、精神的混乱、感情の揺らぎ、そしてその合間にしばしば起こる至福 …