アセンション 書籍 珠玉の言葉 セント・ジャーメイン

セント・ジャーメイン|目覚めに入る 01|神性を生きる

投稿日:2020年3月6日 更新日:


セント・ジャーメインに惹かれる方も多いと思いますが、エネルギーは優しく軽く、とてもユーモアに富んでいて楽しく感じます。それを言語化したかのような書籍がこちら。『神性を生きる|アダマス・セント・ジャーメインからのメッセージ』(外部リンクへ)です。
以前参考書籍としてご案内していましたが、最近さらに感銘を受け記事にする事にいたしました。

みずがめ座の時代になり、セント・ジャーメインのサポートを必要としている人には、この本を手にとって読んでみることをおすすめします。

結局のところ、皆(マスターたち)が、言っていることは同じである こともわかっていきます。

<スポンサーリンク>


Into Your Awakening 第1章 目覚めに入る

孤独

目覚めにおいて、自分自身との時間を持つことがとても大切なのが分かります。

過去にあなた方の多くは安心感を得るために、心地良く感じるために他人と一緒にいる必要がありました。

あなた方の中にはひとりでいることを困難に思う人がいます。ひとりでいることを寂しさと混同していたかもしれません。
これからは、あなたにはひとりでいる時間が必要になります。この時間を自分に持たせてあげてください。とても大切です。

なぜなら、この時間があなたの人生に神性のエネルギーをもたらすからです。

周りがざわついているときには、例えば都市の騒音、人々、交通、会社のようなものですが、神性をもたらすのがより困難になります。
自分自身にその時間を与えるのを忘れないでください。それは美しい贈り物です。

あなたは内側からそれを感じるでしょう。それはこう囁きます。
「ひとりになる時だ」。
家族、仕事のような他の問題や義務のために、ひとりの時間を持たないでいることがないようにしてください。言い訳をしないでください。内からの呼びかけを聞いたら、それを認めて行動に移してください。

アダマス・セント・ジャーメインからのメッセージ

ここに書いてある『一人でいる』ことは、人を排除したり、家庭をないがしろにし、ましてや捨てるというようなことではなく、自分自身の平静を保つための『スペース』を設けることだと思います。場でも時間でもあるのでしょう。

こちらの書籍の中で、繰り返し紹介されているフレーズ、
創造のすべてにおいては、すべて良し(All is well in all of creation.)。
があります。

今の時代(みずがめ座の時代とアセンションの地球)でのお役目的なことだけでなく、クリエイティブなパワーやエネルギーを後押ししてくれる、セント・ジャーメインならではの言葉のように感じました。

続きの記事をよむ


関連した他の記事も読む

ダイアナ・クーパー|エクササイズ:銀色と紫色の炎

violet flame

非常に高いスピリチュアルなエネルギーで、人を開かれた状態にする力があるため、大天使ミカエルにそのダークブルーの守護のマントで包んでくれるように頼み、自分の体が包まれている様子を思い描くこと。

1.銀色と紫色の炎を心の中で呼び出す。

続きを読む

バシャール|ハイヤーセルフとは?|すべての人ができるチャネリング

あなたは自分の「大いなる自己」ハイヤーセルフと話しているだけです。あなたは自分でそういう洞察、知識、そしてそういう素晴らしい自分を持っています。あなたは自分をチャネリングしています。自分で普段思っているより、もっと大きな自分の部分ですね。わかりますか?

続きを読む

ゲリーボーネル|メッセンジャーは 叡智=メッセージ そのものではない

私たちは宇宙的に導かれ、転生から転生にいたる生と死、そして再誕生のプロセスの中で、覚醒へ向かって拡大していける様、神聖に「甘やかされて」いるのです。このことは最も覚醒している人々、モーセや釈迦、イエスやモハメッドとて同じなのです。

続きを読む


神性を生きる―アダマス・セント・ジャーメインからのメッセージ
 

AMAZON

神性を生きる―アダマス・セント・ジャーメインからのメッセージ ジェフリー・ホップ (著), リンダ・ホップ (著), 林 眞弓 (翻訳) 2015年3月初版発行 ナチュラルスピリット  ISBN-10: 4864511586 ISBN-13: 978-4864511582 (Japanese Edition) (Kindle の位置No.443-452). Kindle 版から

-アセンション, 書籍, 珠玉の言葉, セント・ジャーメイン
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ラメッシ|努力の必要はないのになぜ学ぼうとするのか 01|意識は語る

ラメッシ・バルセカールの『意識は語る』の中からご紹介です。 こちらの本は項目が細かめに分けられているので、内容を読みとり理解しやすいな!と思います。厚めの書籍ですが、どこから読みはじめてもよい感じで、 …

さとうみつろう|なぜ感情は湧くのだろうか?|神さまとのおしゃべり

Gerd Altmann なぜ感情は湧くのだろう? 引き続き さとうみつろう さんの書籍『神様とのおしゃべり』から紹介したいと思います。 前回の記事はこちら 感情はなぜ湧くのか?という疑問も、普段何気 …

エックハルトトール|ペインボディ-私たちがひきずる過去の古い痛み 01

エックハルト・トールの本/考え方の中で面白い捉え方なのが『ペインボディ』。 ペインボディとは?という記事を読む 彼の理論/考えでは、ネガティブな感情が湧いたときに、向き合わずにいると、その感情が消化さ …

バシャール|トランプ大統領政権がなぜ生まれたか|未来を動かす

バシャール × 安藤美冬 未来を動かす 安藤美冬さんがインタビュアーとなったバシャールとの対話集『未来を動かす』からのご紹介です。 安藤さんは『ノマドワーカー』の概念を生み出した女性実業家とのこと。こ …

さとうみつろう|大っ嫌いな人は最強の教師|神さまとのおしゃべり

さとう みつろう さん の出版までの経緯 今回は さとうみつろう さんの書籍『神様とのおしゃべり』を紹介したいと思います。 2014年にワニブックスから出版された書籍で、累計20万部を突破するベストセ …