書籍 バシャール-BASHAR- ソウルメイト

バシャール|ソウルメイトとは 02|未来を動かす

投稿日:2018年9月25日 更新日:


すべての人間関係の目的とは

前回に続き、安藤美冬さんがインタビュアーとなったバシャールとの対話集『未来を動かす』からのご紹介です。

前回に続き、特にソウルメイトの有り様について掘り下げていきます。人間関係においてソウルメイトとは、

相手がよりその人らしく生きていけるための、サポートをしてくれる人

と言えるようです。ではパートナーとはどのような相手なのでしょうか?


<スポンサーリンク>



 

魂レベルで助け合うことを約束している相手がパートナー

バシャール…別の捉え方のソウルメイト(男女関係のソウルメイト)に関して言えば、特定の相手と特定の関係を築くことになっている魂たちが存在します。

お互いに助け合うことがあらかじめデザインされているので、惹かれ合い、長い期間一緒に過ごすかもしれません。

 

しかし、繰り返しますが、必ずしも恋愛関係でなくてもソウルメイトの関係は成立します。どんな関係であれ、本当の自分になれるよう助け合う、という機能を果たせるからです。

家族でもソウルメイトでありうるわけです 。
友達でもそうです。恋人でもそうです。あなたの敵でさえ、ソウルメイトでありうるでしょう。
単に、どのような関係を通して自分に学ばせてくれるのかという違いです。

 

つまりソウルメイトに出会うためには、ソウルメイトとはこういう形の関係であるというこだわりを緩めることです。そうすれば、あらゆる形のソウルメイトか、完璧なタイミングで必要な方法でもたされます。

 

ソウルメイトが男女関係という形で表現されることに目的があるのなら、そういう形になるでしょうし、恋愛関係という形で表現される必要がなければ、そうならないでしょう。

また、いくつかの男女関係を重ねた人の場合、それまでの相手がその人にとってのソウルメイトではなかった、とは言えないのです。

これでソウルメイトを理解する助けになりましたか?

 

安藤はい、とても大きな助けになっています。

家族や友人、パートナーはもちろん、隣の席にたまたま座った人でさえ、全ての存在が自分に何かを教えてくれる人なのだと気づくと、この世界の景色が変わって見えるようです。

人というのは、決してひとりぼっちではなく、どんな瞬間も誰かと繋がっているんですね。

魂同士で助け合うことを生をうける前に契約してきたのがパートナー。現世のシナリオで出会うことを決めています。

ソウルメイトというものを『究極の恋愛対象だ』と決めつけてしまうと、そういう相手とは出会いにくくなる様です。

オープンハートでニュートラルに自分のやりたいことを淡々とこなしているときに現れるものかもしれません。

それが完璧なタイミングといえるのでしょう。

『未来を動かす』の動画を見つけました。貼っておきます。


未来を動かす
未来を動かす バシャール/ダリル・アンカ/安藤美冬 著 P.82〜83 より抜粋 2017年7月初版発行 株式会社ヴォイス ISBN-978-4-89976-465-6

<スポンサーリンク>



関連した他の記事も読む

バシャール|幸せの『法則とトリセツ』01|バシャール2017

幸せというものを定義できる要素がひとつあるとすれば、それは、「本当の自分自身でいること」「自分に正直あること」です。これができていたらハッピーです。

 

続きを読む

バシャール|それを手放し、ゆだねて、実現するかどうか気にしない|1日15分で願いを実現させる方法 01

すべての決心は、本当の、真実の決定です。
そこは誤解しないようにしてください。

ポジティブであろうがネガティブであろうが、ある人がある決断を本当にすれば、それが実現してしまうのです。ですから、本当の決断、決心が必ずポジティブというわけではありません。

 

…続きを読む

船井幸雄|人生がうまくいくコツ|学びのクセづけ

経営者を長年やっていると、いてもたってもいられないほどの心配ごとが、毎月のようにやってきます。私がなぜそんな中で上手く経営者業をこなしてきたかと言うと、いっさいの心配をしないようにしただけのことです。
どれだけそれらのことを心配しても、心配しただけよくなるということはありえません。本当はその逆で…

続きを読む


-書籍, バシャール-BASHAR-, ソウルメイト
-, , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

あるインドの丘

あるがままに|ラマナ・マハルシの教え

ラマナ・マハルシの『あるがままに』をご紹介いたします。マハラジ、ラメッシの書籍を読んでその流れから、彼の存在を知りました。 時代背景としては、マハルシが生まれ、マハラジ、ラメッシとなります。 ラマナ・ …

はじめての哲学|肉体と精神を考える|哲学してみる

肉体と精神を考える 2 人間は、空間と時間のうちに 限定された肉体なのでしょうか? それとも、宇宙と歴史の全体を考えることができて、 自分が不死だと主張するような、 どこにも姿がみえない精神なのでしょ …

バシャール|子供を生むということの意義 01

Q 1: ひとつは子供を生むということの意義、母親、父親としての子育ての役割について聞きたいのですが。 バシャール:どうもありがとう。 子供を生むこと、それを含めてすべての人間関係というものは、すべて …

ラメッシ|真我を覚醒するとは?|誰がかまうもんか?!

引き続きラメッシ・バルセカールのお話です。 質問者(レガン)は『私は成長しなければいけない、変容をおこさなければいけない…』と思っている人。スピリチュアルな世界に沢山いるタイプの方だと思います。 それ …

エックハルトトール|ペインボディ-私たちがひきずる過去の古い痛み 01

エックハルト・トールの本/考え方の中で面白い捉え方なのが『ペインボディ』。 ペインボディとは?という記事を読む 彼の理論/考えでは、ネガティブな感情が湧いたときに、向き合わずにいると、その感情が消化さ …