アセンション 叡智の用語集 書籍 ダイアナ・クーパー

12の光線

投稿日:2018年9月26日 更新日:


『12の光線』について聞いたことがありますか?
それぞれの光線には、それを司るマスターがいて、太陽系のエネルギーシステムとなっているもののようです。1つづつに意味と役割があります。

ダイアナ・クーパーが書物の中で記していますので、ご紹介します。
Photo by James Wainscoat on Unsplash

Photo by James Wainscoat on Unsplash
<スポンサーリンク>




12の光線

アトランティスでは、時間は12の光線であり、それぞれが地球に聖なる特質の輝きを与えていた。それぞれの光線が違った周波数を持ち、違った色や特質によって地球の住人に影響を与えた。アトランティスが純粋さを失い、パワーが乱用されるようになると、上から5番目までのマスター隷と呼ばれる主要な光線が徐々に退き、残りの7つの光線が地球を照らすのみとなった。

近年人類とガイア自身の周波数が再び上昇し、2001年には、銀河宇宙評議会が8番目と9番目の項線のエネルギーを再び地球に向けて、誰もが恩恵を受けられるようにすることに同意した。 10、11、12番目の光線も次の2年間にそれに続いた。

(ダイアナとシャローンのガイドであるクメカは、第8の光線のマスターだ。アトランティスに肉体を持って転生したことはなかったが、スピリチュアルな世界からやってきた最高のレベルの魂であり、指導者としての役割を担っていた。

12の光線の他のコハン、つまりマスター達は、アトランティスの転生がある。

ダイアナ・クーパー&シャローン・ハットン

12の光線を司るマスターを次回にご紹介します。


<スポンサーリンク>




関連した他の記事も読む

ダイアナ・クーパー|エクササイズ:銀色と紫色の炎

violet flame

非常に高いスピリチュアルなエネルギーで、人を開かれた状態にする力があるため、大天使ミカエルにそのダークブルーの守護のマントで包んでくれるように頼み、自分の体が包まれている様子を思い描くこと。

1.銀色と紫色の炎を心の中で呼び出す。

続きを読む

エックハルトトール|インナーボディにつながる方法 01

意識を、インナーボディに向けてくださいからだを、内側から感じるのです。からだは、生きていますか?手には、生命がありますか?腕は、どうですか?脚は、どうですか?足先は、どうですか?おなかは、どうですか?

続きを読む

ゲリーボーネル|メッセンジャーは 叡智=メッセージ そのものではない

私たちは宇宙的に導かれ、転生から転生にいたる生と死、そして再誕生のプロセスの中で、覚醒へ向かって拡大していける様、神聖に「甘やかされて」いるのです。このことは最も覚醒している人々、モーセや釈迦、イエスやモハメッドとて同じなのです。

続きを読む


アトランティスからのスピリチュアル・ヒーリング―再創造される太古の叡智 (超知ライブラリー)
 

AMAZON

超知ライブラリー019 アトランティスからのスピリチュアル・ヒーリング―再創造される太古の叡智 (超知ライブラリー)  ダイアナ・クーパー,シャーロン・ハットン 著 大野百合子 監修 清水 玲奈訳 P.148-149 より抜粋 2006年7月初版発行 徳間書店 ISBN4-19-862196-9

-アセンション, 叡智の用語集, 書籍, ダイアナ・クーパー
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ミカエル

聖ミカエル。天使をまとめるリーダーの役割を担う。 高次元の世界には上下関係はないが、ミカエルの担当域が、天使の総括部門である。 名の語源は『神のような』。神に最も近い存在と言われ、熾天使というキリスト …

バシャール|神々はアヌンナキの記憶|関暁夫のファーストコンタクト バシャール対談

やりすぎ都市伝説・関暁夫が迫る地球の歴史 ひきつづき関暁夫さんとバシャールによる『Mr.都市伝説 関暁夫のファーストコンタクト バシャール対談』をご紹介していきます。 関さんらしく、軽快な口調で論点の …

マハラジ|病気や痛みに形はあるか|意識に先立って

シュリー・ニサルガダッタ・マハラジの新刊が2018年4月に発売されました。その『意識に先立って』からのご紹介です。 この本は、マハラジが癌を患った最晩年の対話をまとめているものです。訳者の高木悠鼓さん …

バシャール|ソウルメイトとは 02|未来を動かす

すべての人間関係の目的とは 前回に続き、安藤美冬さんがインタビュアーとなったバシャールとの対話集『未来を動かす』からのご紹介です。 今回は特にソウルメイトの有り様について掘り下げていきます。人間関係に …

ラマナマハルシ|幸せとは?|あるがままに

ラマナ・マハルシの『あるがままに』から引き続き【小冊子】『私は誰か? -Who am I ?-』に記載されていたものをご紹介します。 この記事を書くにあたり、あらためてラメッシの書籍を読み返してみると …