ゲリー・ボーネル 書籍

ゲリーボーネル|メッセンジャーは 叡智=メッセージ そのものではない

投稿日:2017年5月27日 更新日:


メッセンジャーはメッセージではない

The Messengers are Never the Message

オーストラリアのアボリジニの宗教から中東のゾロアスター教まで、世界の霊的な道のすべてで言われていることは、完成と解放にいたる道において、私たちは一人ぼっちではないということです。

私たち一人一人は宇宙的に導かれ、転生から転生にいたる生と死、そして再誕生のプロセスの中で、覚醒へ向かってどんどん拡大していけるように、神聖に「甘やかされて」いるのです
このことは最も覚醒している人々、モーセや孔子、ソクラテスや釈迦、イエスやモハメッドとて同じなのです。

彼らはより大いなる叡智のメッセンジャーであり、真理と光の道の守り手ではありますが、大いなる叡智=メッセージ そのものではありません。孔子など解放された魂意識の周りでは、文化やカルト、宗教などが、勘違いした信者たちによってつくり出されます。
そのような信者は、愛する師をメッセンジャーではなく、叡智=メッセージそのものだと思ってしまうからです。

師を祭りあげてしまう傾向は、妄信的信仰が原因というよりは、輪廻の輪から降りるために、師と弟子が何度も一緒に転生を繰り返すことに負うところが大きいでしょう。確かに私たちは、お互い同士が目覚めをうながす教師であるということは真実です。でも世界的な師とあるグループが、何度もともに転生するというユニークな関係を持っていることもあるのです。

このタイプの関係性はパワフルなので、肉体が死を迎えても継続していきます。その師が地上での仕事を終えたとき、師自身がアバターとなり、残されたグループは自分でまた新しい世界的な師を求めていきます。

ゲリー・ボーネル

 

関連した他の記事も読む

ゲリーボーネル|意図と結果の違いが病を生み出すしくみ【潜在意識】

興味深いことですが、「私は気分がよくない-I am not feeling well-」という言葉は健康をもたらす意識の流れをスタートさせます。理由として潜在意識は否定する言葉、たとえば「ない-not」「ではない」などの否定の言葉を認識しないからです。…続きを読む

マハラジ|病気や痛みに形はあるか|意識に先立って

あなたが肉体と一体化するとき、概念的にそれを汚染するかもしれないが、本質的には意識は非常に純粋なものだ。生命ー呼吸は非常に純粋であり、この存在性はさらにそれより純粋だ。
私はアートマン(至高の自己)、真我について話している。

続きを読む

はじめての哲学|肉体と精神を考える|哲学してみる

肉体、それは物質的な存在としてわたしたち。骨と肉からなっています。ある限られた時間存在するものであり、誕生ではじまり、死で終わります。肉体は必要です。肉体のおかげで、生命として存在することができるのです。

続きを読む


<スポンサーリンク>




アトランティスの叡智―思考の現実化/意識の物質化

Amazon

超知ライブラリー005 アトランティスの叡智―思考の現実化/意識の物質化 ゲリー・ボーネル 著 大野百合子 訳 P.335〜336 より抜粋 2004年9月初版発行 徳間書店 ISBN4-19-816924-7

 


-ゲリー・ボーネル, 書籍
-, , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

エックハルトトール|ペインボディの逆襲02|ニュー・アース

前回の『ペインボディの逆襲』の続きです。生きづらさを感じていた女性は、エックハルト・トールの言葉によって自分が『不幸を作り出していた』ことに気づき、スペースを置くことが可能になりました。 彼女は不幸と …

船井幸雄|良心との対話|学びのクセづけ

『良心と対話する』ことのすすめ 大きな悩みや自分で結論を出しにくい問題に直面すると、誰か『他者』に意見を聞いてみたり、本を読んでみたり、ネットで情報を得たくなるものです。 自分の中に解を見出すために、 …

船井幸雄|人生がうまくいくコツ|学びのクセづけ

人生に関してたったひとつ大事な定理をあげよと言われたら、私は『思ったことは実現する』をあげます。 船井幸雄 『学びのクセづけ』より うまくいくコツとは? 物事がうまくすすめたい。 なにか事業や仕事など …

バシャール|ハイヤーマインドとフィジカルマインド 03|バシャール スドウゲンキ

頭と心の関係 -フィジカルマインドとハイヤーマインド- 須藤元気さんとバシャールの対話『バシャール スドウゲンキ』からの引用です。 前回では、本来の自分になるためには、どんな方法を使ってもよいし、その …

ラメッシ|『誰がかまうもんか』という言葉に込められた本当の意味|誰がかまうもんか?!

ラメッシ・バルセカールの本「誰がかまうもんか?!」(※外部リンクへ)にある、序文のざっくばらんな導入部の言葉である師とのやり取りの本質が理解できていないカルメンという質問者から、ラメッシに問いかけがあ …