ゲリー・ボーネル 書籍

ゲリーボーネル|意図と結果の違いが病を生み出すしくみ【潜在意識】

投稿日:2017年5月30日 更新日:


第八章 日常の実習

Daily Practice

(前段 略)

興味深いことですが、「私は気分がよくない-I am not feeling well-」という言葉は健康をもたらす意識の流れをスタートさせます。理由として潜在意識は否定する言葉、たとえば「ない-not」「ではない」などの否定の言葉を認識しないからです。

そのためこの場合、潜在意識には「私は気分がよい-I am _ _ _ feeling well」と聞こえるのです。そして意識の流れはそれに答え、元気になる方向へ動きはじめます。短期間定期的にこの言葉が繰り返されれば、気分がよくなり始めるのです。

ただお気づきのようにこのプロセスは意図しない葛藤を生み出します。「自分は気分がよくない」ことを認めて言った言葉があなた自身を裏切り、その意図に反した結果をもたらそうとするのです。
呼び寄せたもの=コーリングと正反対のものがやってくるわけです。

ですから長い間、たとえば数年間定期的にこの言葉を繰り返したとしましょう。
すると「気分がよくないんだ」というあなたの意図と、実際にすぐ気分がよくなってくるという結果を生み出す葛藤は、最終的に具合の悪い状態-病気を生み出すことになるのです。

つまりあなた自身の予言が自己完了するわけです。こういったタイプの意図と結果の混乱は、世の中に満ち満ちています。

ゲリー・ボーネル


<スポンサーリンク>




関連した他の記事も読む

ゲリーボーネル|メッセンジャーは 叡智=メッセージ そのものではない

私たちは宇宙的に導かれ、転生から転生にいたる生と死、そして再誕生のプロセスの中で、覚醒へ向かって拡大していける様、神聖に「甘やかされて」いるのです。このことは最も覚醒している人々、モーセや釈迦、イエスやモハメッドとて同じなのです。…続きを読む

 

オノ・ヨーコ|どんぐり|啓示

怒りを感じるあなたに祝福を 気が立ち上がるしるしだから。
自分の家族にむけず、敵のために無駄にせず。

その気を万能なものに変える。すると繁栄がもたらされることでしょう。

続きを読む


アトランティスの叡智―思考の現実化/意識の物質化 ゲリー・ボーネル

超知ライブラリー005 アトランティスの叡智―思考の現実化/意識の物質化 ゲリー・ボーネル 著 大野百合子 訳 P.260 より抜粋 2004年9月初版発行 徳間書店 ISBN4-19-816924-7

-ゲリー・ボーネル, 書籍
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

poppy02

バシャール|集中して忘れる|1日15分で願いを実現させる方法 02

1日15分で願いを実現させる には? その2 前回、バシャールの話の中で、願いを実現させるためには、 ポジティブな観念体系を確かめ実行し、そのあとは高次の意識に委ねるという流れでした。次のステップはよ …

violet flame

紫色の炎|バイオレットフレーム|アトランティスからのスピリチュアル・ヒーリング

ダイアナ・クーパーによる書籍、アトランティスからのスピリチュアル・ヒーリングの中には何度か【バイオレットフレーム】の記載がでてきます。 文末に 銀色と紫色の炎を呼び起こすと、ネガティブなエネルギーは変 …

エックハルトトール|ペインボディ-私たちがひきずる過去の古い痛み 01

エックハルト・トールの本/考え方の中で面白い捉え方なのが『ペインボディ』。 ペインボディとは?という記事を読む 彼の理論/考えでは、ネガティブな感情が湧いたときに、向き合わずにいると、その感情が消化さ …

HASU

空海|理趣経

空海がひろめた真言宗。唐に渡って帰国後に密教のエッセンスを日本に伝えていきました。 空海は今の香川県に生まれ、若い時から頭角を現し、30歳の頃、正規の遣唐使/留学僧として唐(中国)に旅立ちます。 そこ …

ラマナマハルシ|困難と体験|あるがままに

ラマナ・マハルシの『あるがままに』の本編『第五部 体験』からをご紹介したいと思います。第16章の『困難と体験』では冒頭に 身体的苦痛や不安、精神的混乱、感情の揺らぎ、そしてその合間にしばしば起こる至福 …