書籍 セント・ジャーメイン ダイアナ・クーパー 瞑想・エクササイズ

ダイアナ・クーパー|銀色と紫色の炎による浄化|アトランティスからのスピリチュアル・ヒーリング

投稿日:2017年6月18日 更新日:


エクササイズ:銀色と紫色の炎

瞑想として、あるいは散歩やガーデニングをしているときに行うことができるが、車や機械を運転しているときに行ってはいけない。

非常に高いスピリチュアルなエネルギーで、人を開かれた状態にする力があるため、大天使ミカエルにそのダークブルーの守護のマントで包んでくれるように頼み、自分の体が包まれている様子を思い描くこと。

1 銀色と紫色の炎を心の中で呼び出す。

リラ色、ラヴェンダー色、薄紫色、すみれ色と銀色の炎に自分が取り囲まれている様子を思い描く。

2 銀色と紫色の炎が燃え上がり、ネガティブなエネルギーを溶かし、燃やしつくしている様子を想像する。

・銀色と紫色の炎が自分の前に燃え上がり、あなたが出会うどんな暗黒のエネルギーも、それを溶かしている様子を想像する。

・炎を病人たちに送る。病人を取り囲んでいるネガティブな要素がすべてやきつくされるのを見守る。

・自分の怒り、恐れ、傷、ネガティブな要素を炎にくべて溶かす。

・調和を乱す人が炎の中にいる様子を思い描く。

・戦争や破滅のエネルギーを清めるために、炎がまわっていく様子を思い描くか、炎をもたらすように天使たちに頼む。

・体に痛みや凝りがある場合は、銀色と紫色の炎がその部位にふれるままにする。

・電話線、あるいはインターネットに炎を送り込み、ウェブを清める。

3.最後に、体の前と後ろで十字架を切るなど守護の象徴を描き、チャクラを閉じる。

この『銀色と紫色の炎による浄化』はセント・ジャーメインのバイオレットフレームに関連しているものの様ですね。

セント・ジャーメインとザドキエル、そしてガブリエルを召喚して浄化する『コズミック・ダイヤモンド・バイオレットフレーム』も とても強力で効果絶大です。

関連した他の記事も読む

ダイアナ・クーパー|紫色の炎|ヴァイオレットフレーム

失敗に終わったアトランティスの実験では、住人の大多数は自分自身、あるいは他人の暗い想念形体に打ち負かされた。雲のような思考の形体-フォーム-が、人々のオーラに浸透し、深く影響したのだ。やがて銀河宇宙評議会は、極度なネガティブさを変換するために、「紫色の炎」を与えることを決めた。

続きを読む

セント・ジャーメイン|目覚めに入る 01|神性を生きる

あなた方の中にはひとりでいることを困難に思う人がいます。ひとりでいることを寂しさと混同していたかもしれません。
これからは、あなたにはひとりでいる時間が必要になります。この時間を自分に持たせてあげてください。とても大切です。…

続きを読む

アセンションのためのエクササイズ|セント・ジャーメイン

人類が大規模に覚醒し、内なる神 “大いなるアイ・アム・プレゼンス” を理解する時期が来ている。…第一段階は、外界に向けた心と体の活動をすべて控えることだ。夜寝る直前と朝起き抜けにそれぞれ15分から30分間、真剣に自分の内面を見つめるために費やすように。

続きを読む


<スポンサーリンク>




アトランティスからのスピリチュアル・ヒーリング―再創造される太古の叡智 (超知ライブラリー)
 

AMAZON

超知ライブラリー019 アトランティスからのスピリチュアル・ヒーリング―再創造される太古の叡智 (超知ライブラリー)  ダイアナ・クーパー,シャーロン・ハットン 著 大野百合子 監修 清水 玲奈訳 P.165-166 より抜粋 2006年7月初版発行 徳間書店 ISBN4-19-862196-9

<スポンサーリンク>



-書籍, セント・ジャーメイン, ダイアナ・クーパー, 瞑想・エクササイズ
-, , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

バシャール|神々はアヌンナキの記憶|関暁夫のファーストコンタクト バシャール対談

やりすぎ都市伝説・関暁夫が迫る地球の歴史 ひきつづき関暁夫さんとバシャールによる『Mr.都市伝説 関暁夫のファーストコンタクト バシャール対談』をご紹介していきます。 関さんらしく、軽快な口調で論点の …

ラマナマハルシ|幸せとは?|あるがままに

ラマナ・マハルシの『あるがままに』から引き続き【小冊子】『私は誰か? -Who am I ?-』に記載されていたものをご紹介します。 この記事を書くにあたり、あらためてラメッシの書籍を読み返してみると …

HASU

空海|理趣経

空海がひろめた真言宗。唐に渡って帰国後に密教のエッセンスを日本に伝えていきました。 空海は今の香川県に生まれ、若い時から頭角を現し、30歳の頃、正規の遣唐使/留学僧として唐(中国)に旅立ちます。そこで …

マハラジ|古い自己と対峙する『神となった新たな自己』の関係|私は在る

マハラジの『私は在る』 からのご紹介です。 ニサルガダッタ・マハラジが質問者の「古い自己と別に新しい自己が出現した」というエピソードに答えていきます。「新しい自己とは古い自己の完全な否定で、許容された …

船井幸雄|良心との対話|学びのクセづけ

『良心と対話する』ことのすすめ 大きな悩みや自分で結論を出しにくい問題に直面すると、誰か『他者』に意見を聞いてみたり、本を読んでみたり、ネットで情報を得たくなるものです。 自分の中に解を見出すために、 …