書籍 ラメッシ・バルセカール

ラメッシ|影と二元性|誰がかまうもんか?!

投稿日:2020年4月28日 更新日:


創造もなければ破壊もない

上記の↑見出しはラマナ・マハルシの言葉です。それを用いてラメッシが語りかけます。

もし創造がないとすれば、「誰」がどんな質問をするというのでしょうか?
もし創造がないということが受け入れられれば、そのときには、見られている創造は幻想です。

非二元論の世界を端的に表している部分をご紹介します。スコットという質問者とラメッシによるやりとりが続きます。

影と二元性

ラメッシ:たとえば、あなたが太陽の照っている外へ出ていくとします。影ができますね。さて、その影とは現実でしょうか、それとも非現実でしょうか?

答えは、ある状況では「はい」であり、他の状況では「いいえ」です。

あなたが太陽の照っている外へ出ていけば、その影はまさに現実です──あなたはそれを見ることができます。
でも、あなたが家の中に入ったり、家の中にいたりすれば、影はなくなります。

同様に、あなたが二元性の中にいるとき、スコットは存在します。でも、あなたが二元性の中にいないとき、たとえば熟睡しているときなどはスコットは存在しません。ですから、目覚めている状態、二元性の中にいるときにはスコットは存在し、熟睡しているときにはスコットは存在しないのです。

(中略)

スコット:どうやってあなたは、その中にしっかりととどまっているのですか?私にとっては、入ったり出たりです。入ったり出たり。

ラメッシ:常に、「理解のトンボ返り」があります──質問がない-突然、質問がわき起こる、というように。

しだいに、ある時点で、本当はどんな質問をする「人」も存在しないという理解が先頭に来ます。質問が終わります。そのように、この「トンボ返り」、理解がやってきて、二元論によって覆い隠されていた理解が起こりつづけ、ついに、行為者としてのエゴは本当は存在しないという、究極的な無条件の受け入れに至るのです。

影の例や寝ている時、目覚めている時の例は、非二元論を感覚的につかみやすいかなと思います。…そうすることさえもエゴと幻想のなせる技ですが。

Photo by Andrew Shiau on Unsplash

ラメッシ・バルセカールの他の記事を読む

<スポンサーリンク>



関連した他の記事も読む

マハラジ|探求者とは自分自身を探している人だ

マインドのレベルにおいてはあなたは否定的言語によってしか描写できないということを明確に理解するほど

あなたの探求はより早く終焉を迎える

続きを読む


ラメッシ|プログラミング,条件づけ,そしてプログラムされたPC|誰がかまうものか?

私がプログラミングと言うとき、それは受胎の瞬間に刻印された、ある生まれつきの特徴を意味しています。肉体的、精神的、直感的、感情的なものです。そして、この肉体精神機構は環境によって条件づけられてきました。あなたは自分の両親について選択ができませんでした。あなたは遺伝子、すなわちDNAについて選択できませんでした。

続きを読む

バシャール|ハイヤーセルフとは?|すべての人ができるチャネリング

あなたは自分の「大いなる自己」ハイヤーセルフと話しているだけです。あなたは自分でそういう洞察、知識、そしてそういう素晴らしい自分を持っています。あなたは自分をチャネリングしています。自分で普段思っているより、もっと大きな自分の部分ですね。わかりますか?

続きを読む


誰がかまうもんか?! ―ラメッシ・バルセカールのユニークな教え
誰がかまうもんか?! ―ラメッシ・バルセカールのユニークな教え ブレイン・バルドー 編 高木悠鼓 訳 P.2 より抜粋 2010年2月初版発行 ナチュラルスピリット ISBN978-4-903821-66-5 C0010

-書籍, ラメッシ・バルセカール
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

さとうみつろう|なぜ感情は湧くのだろうか?|神さまとのおしゃべり

Gerd Altmann なぜ感情は湧くのだろう? 引き続き さとうみつろう さんの書籍『神様とのおしゃべり』から紹介したいと思います。 前回の記事はこちら 感情はなぜ湧くのか?という疑問も、普段何気 …

エックハルトトール|インナーボディにつながる方法 01

今日はエックハルト・トールの書籍「人生が楽になる超シンプルなさとり方」から、インナーボディにフォーカスする瞑想法をご紹介します。 瞑想法と書きましたが、ハイヤーセルフ=大いなる自己につながっていくため …

バシャール|ハイヤーマインドとフィジカルマインド 04|バシャール スドウゲンキ

ハイヤーマインドがコンセプトと創造性を生み出す 須藤元気さんとバシャールの対話『バシャール スドウゲンキ』からの引用です。 前回は、ハイヤーセルフ=ハイヤーマインドがコンセプトを作っていて、脳はその翻 …

バシャール|幸せの『法則とトリセツ』01|バシャール2017

バシャール2017の内容は? 2017年 11月に発売された『バシャール2017』。 こちらの書籍は3日に分けたインタビュー3章と、喜多見龍一さんの考察で構成されています。 『私』とはなにか?から始ま …

ラメッシ|プログラミング、条件づけ、そしてプログラムされたコンピュータ|誰がかまうもんか?!

ラメッシ・バルセカールの文章の中に『プログラミング』という言葉が出てきます。この話題から私は『水槽の中の脳』や『マトリックス』の世界を思いおこします。 モフィアスがネオに『その呼吸は本当にしているのか …