書籍 珠玉の言葉 その他

空海|理趣経

投稿日:2018年3月8日 更新日:


HASU

空海がひろめた真言宗。唐に渡って帰国後に密教のエッセンスを日本に伝えていきました。

空海は今の香川県に生まれ、若い時から頭角を現し、30歳の頃、正規の遣唐使/留学僧として唐(中国)に旅立ちます。
そこで密教の第一人者、恵果和尚からおしえを受けました。

遣唐使として共に行ったとされる僧、最澄は天台宗の祖。
最初はとても仲がよかったのですが、これからご紹介する理趣経が元でお互いに離れていったとされています。


<スポンサーリンク>



  1. 男女交合の妙なる恍惚は、清浄なる菩薩の境地である
  2. 欲望が矢の飛ぶように速く激しく働くのも、清浄なる菩薩の境地である
  3. 男女の触れ合いも、清浄なる菩薩の境地である
  4. 異性を愛し、かたく抱き合うのも、清浄なる菩薩の境地である
  5. 男女が抱き合って満足し、すべてに自由、すべての主、天にも登るような心持ちになるのも、清浄なる菩薩の境地である
  6. 欲心を持って異性を見ることも、清浄なる菩薩の境地である
  7. 男女交合して、悦なる快感を味わうことも、清浄なる菩薩の境地である
  8. 男女の愛も、清浄なる菩薩の境地である
  9. 自慢する心も、清浄なる菩薩の境地である
  10. ものを飾って喜ぶのも、清浄なる菩薩の境地である
  11. 思うにまかせて、心が喜ぶことも、清浄なる菩薩の境地である
  12. 満ち足りて、心が輝くことも、清浄なる菩薩の境地である
  13. 身体の楽も、清浄なる菩薩の境地である
  14. 目の当たりにする色も、清浄なる菩薩の境地である
  15. 耳にするもの音も、清浄なる菩薩の境地である
  16. この世の香りも、清浄なる菩薩の境地である
  17. 口にする味も、清浄なる菩薩の境地である

原文

妙適淸淨句是菩薩位
慾箭淸淨句是菩薩位
觸淸淨句是菩薩位
愛縛淸淨句是菩薩位
一切自在主淸淨句是菩薩位
見淸淨句是菩薩位
適悅淸淨句是菩薩位
愛淸淨句是菩薩位
慢淸淨句是菩薩位
莊嚴淸淨句是菩薩位
意滋澤淸淨句是菩薩位
光明淸淨句是菩薩位
身樂淸淨句是菩薩位
色淸淨句是菩薩位
聲淸淨句是菩薩位
香淸淨句是菩薩位
味淸淨句是菩薩位

原文をみると、和合=男女 と書いていますが今の世の中で考えると、男女だけではない様々なカタチや繋がりが当てはまると思います。

最澄はこの経典を空海に貸して欲しいと頼みますが、軽々しく貸すことはできない、と空海は断ります。この教えの受け取り方によっては、快楽至上主義になるのを嫌ったものとされています。

このくらい自由で豊かでいいと知ると、
人生が楽になる人も多いと私は感じました。

空海について調べていると、とても奥深いものがあり、学んで行きたいと思いました。

現在『空海』という映画が上映されています。その原作となる夢枕獏の『沙門空海唐の国にて鬼と宴す』の中で理趣経が紹介されていたのを知り、こちらでもご案内させていただきました。

わかりやすい空海についてのユーチューブがあったので置いておきます。最澄とのやり取りや、理趣経についても触れています。
(削除されました)

以下、弘法大師のお言葉を引用しておきたいと思います(^^)


<スポンサーリンク>




関連した他の記事も読む

ラマナマハルシ|幸せとは?|あるがままに

幸福とは真我の本性そのものである。
幸福と真我は別のものではない。世界のいかなるものごとのなかにも幸福はない。われわれは無知ゆえに、ものごとから幸福を得るものだと思っている。
心が外へ出ていくと、不幸を体験する。

続きを読む

ラメッシ|真我を覚醒するとは?|誰がかまうもんか?!

自分自身を改善しなければならない、変えなければならない、変容しなければならないーーそれがすべての問題ではありませんか?

なぜ自分を変容すべきなのでしょうか?なぜ自分をありのままに受け入れないのですか?あなたが求めている心の平和は、あなたが”それを求めるのをやめて、ものごとを起こるがままにする”ときに”のみ”生じるのです。

続きを読む

ゲリーボーネル|メッセンジャーは 叡智=メッセージ そのものではない

私たちは宇宙的に導かれ、転生から転生にいたる生と死、そして再誕生のプロセスの中で、覚醒へ向かって拡大していける様、神聖に「甘やかされて」いるのです。このことは最も覚醒している人々、モーセや釈迦、イエスやモハメッドとて同じなのです。

続きを読む


 

-書籍, 珠玉の言葉, その他
-, , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ダグラス・ハーディング|存在し、そして、存在しない 02|存在し、存在しない、それが答えだ

じわじわとご好評をいただいている、ダグラス・ハーディングのお話の続き『存在し、存在しない、それが答えだ』からご紹介です。非二元論・ノンデュアリティに興味がある人はダグラスの本を読んでみたり、彼の行って …

エックハルトトール|自分を思考で定義付けしないこと

エックハルト・トールの書籍は、左脳=男性性の強い方や、現代社会を力強く生き抜いている方にもおすすめします。理論的に精神や心のあり方を捉えて、独自の視点(少しユーモラスな描写も含めて)で如何に目覚めてい …

マハラジ|古い自己と対峙する『神となった新たな自己』の関係|私は在る

マハラジの『私は在る』 からのご紹介です。 ニサルガダッタ・マハラジが質問者の「古い自己と別に新しい自己が出現した」というエピソードに答えていきます。「新しい自己とは古い自己の完全な否定で、許容された …

さとうみつろう|感情は現実との段差を埋めるエネルギー|神さまとのおしゃべり

Photo by NASA on Unsplash 固定観念はなぜできた? 引き続き さとうみつろう さんの書籍『神様とのおしゃべり』から紹介したいと思います。 前回の記事はこちら 固定観念についてシ …

ラマナマハルシ|幸せとは?|あるがままに

ラマナ・マハルシの『あるがままに』から引き続き【小冊子】『私は誰か? -Who am I ?-』に記載されていたものをご紹介します。 この記事を書くにあたり、あらためてラメッシの書籍を読み返してみると …