書籍 珠玉の言葉 その他

はじめての哲学|肉体と精神を考える|哲学してみる

投稿日:2018年6月3日 更新日:


肉体と精神を考える 2

人間は、空間と時間のうちに
限定された肉体なのでしょうか?

それとも、宇宙と歴史の全体を考えることができて、
自分が不死だと主張するような、
どこにも姿がみえない精神なのでしょうか?

哲学してみる 文 オスカー・ブルニフィエ イラスト ジャック・デプレ

世界中で翻訳され、シリーズ累計部数30万部を超える、とても人気のある哲学シリーズです。

大人が読んでもとてもわかりやすく楽しいものです。

今回は『肉体と精神を考える』からご紹介します。

<スポンサーリンク>



肉体と精神を考える 1

肉体

それは物質的な存在としてわたしたち。骨と肉からなっています。

ある限られた時間存在するものであり、
誕生ではじまり、死で終わります。

肉体は必要です。
肉体のおかげで、生命として存在することができるのです。

わたしたちは肉体を養い、服を着せ、保護し、維持して、
肉体からの欲求を満たさなければなりません。

精神

それは、非物質的な存在としての私たち。
わたしたちを人間にしてくれるもの。

精神がなければ、
ひとは他の動物と同じく一匹の動物にすぎません。

精神は、わたしたちに理性と良心を与え、
わたしたちに美しくて偉大なことを成し遂げさせるものです。

わたしたち自身から生じるものであり、
理解したり、発明したり、夢みたりすることが
できるようにもしてくれるものです。

この話は、バシャールのこの章と同じことを言っていると感じます。フィジカルマインドとハイヤーマインドの担当分野の差ですね。

世の中の、宇宙の真理はひとつであるようです。

他にも『愛すること』や『生きる意味』など、本質にせまるテーマでシリーズ化されています。

神さまのこと』という本を読みたいとリクエストされたので手にしてみようと思います。(すべて外部リンク)


哲学してみる

哲学してみる(はじめての哲学) オスカー・ブルニフィエ、 村山 保史 著 -胎内記憶- P.56-58 より抜粋 2012年5月初版発行 世界文化社 ISBN978-4418125005

<スポンサーリンク>




 

関連した他の記事も読む

バシャール|ハイヤーマインドとフィジカルマインド 03|バシャール スドウゲンキ

大事なのは、頭(マインド)と心(ハート)とハラ(エネルギー・センター。意思の力)の部分がさまざまなレベルでクリアなコミュニケーションをとって、そこに調和がある、ということです。

 

続きを読む

バシャール|子供を生むということの意義-2

Q:私達の子供は、私が生んだのではなく、養子にもらったのですが。バシャール:それも偶然ではありません。最も抵抗の少ない方法がそれだったのだと思います。そして、一緒になる必要のある家族がそのような形で一緒になりました。

…続きを読む

ラメッシ|プログラミング、条件づけ、そしてプログラムされたコンピュータ|誰がかまうもんか?!

私がプログラミングと言うとき、それは受胎の瞬間に刻印された、ある生まれつきの特徴を意味しています。肉体的、精神的、直感的、感情的なものです。そして、この肉体精神機構は環境によって条件づけられてきました。あなたは自分の両親について選択ができませんでした。あなたは遺伝子、すなわちDNAについて選択できませんでした。あなたは環境について選択ができませんでした。

続きを読む


-書籍, 珠玉の言葉, その他
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

バシャール|ハイヤーマインドとフィジカルマインド 01|バシャール スドウゲンキ

『スピリチュアル』に疑問がでてきたとき 皆さんはスピリチュアルという言葉や考えに出会ったのはいつ・どんな時でしょうか? ある日突然スピリチュアルな思想に出会った人もいるでしょうし、悩みに悩み抜いていた …

マハラジ|古い自己と対峙する『神となった新たな自己』の関係|私は在る

マハラジの『私は在る』 からのご紹介です。 ニサルガダッタ・マハラジが質問者の「古い自己と別に新しい自己が出現した」というエピソードに答えていきます。「新しい自己とは古い自己の完全な否定で、許容された …

マハラジ|思考から自由になる それ自体が瞑想だ|私は在る

今日は『私は在る』の中でマハラジが述べている『瞑想の仕方』をご紹介します。 それは、端的でシンプルなもので、それでいて究極なものです。ここに至ることが可能であれば『覚醒め-めざめ-』るのであろうと感じ …

セント・ジャーメイン|目覚めに入る 01|神性を生きる

セント・ジャーメインに惹かれる方も多いと思いますが、エネルギーは優しく軽く、とてもユーモアに富んでいて楽しく感じます。それを言語化したかのような書籍がこちら。『神性を生きる|アダマス・セント・ジャーメ …

あるインドの丘

あるがままに|ラマナ・マハルシの教え

ラマナ・マハルシの『あるがままに』をご紹介いたします。マハラジ、ラメッシの書籍を読んでその流れから、彼の存在を知りました。 時代背景としては、マハルシが生まれ、マハラジ、ラメッシとなります。 ラマナ・ …