アセンション 書籍 珠玉の言葉 セント・ジャーメイン

セント・ジャーメイン|目覚めに入る 02|神性を生きる

投稿日:2020年3月7日 更新日:


セント・ジャーメインの『神性に生きる』からの続編です。

この書籍では目覚めの段階で見えてくるものや感覚を第一章で紹介しています。その時にどう対応するか、真実はなにかが書かれているので、自分がその段階にあると思った方は読んでみるといいと思います。『神性を生きる|アダマス・セント・ジャーメインからのメッセージ』(外部リンクへ)

前の記事を読んでみる

<スポンサーリンク>


Into Your Awakening 第1章 目覚めに入る

呼びかけ

最近、呼び声を聞きましたか?
もしかするとそれは、扉を執拗にノックされているような感じかもしれません。
向こう側の天国から来ているわけではありません。大天使ガブリエルでもありません。あなたの内側から来ています。

(中略)

その呼びかけは、あなたがあなたという「故郷」に帰るためのものです。いまここで、すぐに。それは統合への呼びかけであり、あなたと再会する以外に何もアジェンダ(意図)はありません。
あなたと一緒にいて、人生体験を共有し、長いこと封鎖されていた情熱のレベルをもたらしたいという以外には何も望んでいません。

気づきを通して、あなたはこの呼びかけを理解し感じ取ります。それは夢の中であなたに呼びかけようとしてきました。小さな声で、口やかましいちょっとした身体のうずきや痛みで、不快な感情で。あなたの注意を引こうとしてきたのです。聞いてください。それはあなたの内側から来ています。

それは必ずしも言葉で語りかけるわけではありませんし、何をすべきか指図するわけではありません。この「あなた」は何をすべきかをあなたに指図したいとは思っていません。あなたと一緒にいたいだけです。
「この仕事に就くべきだ。あの人と一緒にいるべきだ」などと、言いたくはありません。そんなことをすれば意識や気づき、そして本来のあなたとは完全に矛盾してしまうからです。

アダマス・セント・ジャーメインからのメッセージ


自分の内なる声に耳を傾けると同時に、その心構えでいることで思いがけない自分の気ずきを受け取れることがあります。
己を信じ、常に中立でいることは大切だと思います。


関連した他の記事も読む

船井幸雄|本物の条件・特性とは?|学びのクセづけ

嘘や偽物もまかり通ってきたと言っても過言ではない競争社会を、共生の世界へと変えるには、人々が本物に目覚め、本物に気づくことがポイントなのではないかと思うのです。

本物であれば、混乱の時代に足を引っ張られる事象も、苦もなく打ち破ることができます。良心に従って生きる人々があなたを応援してくれます。

…続きを読む

バシャール|ハイヤーセルフとは?|すべての人ができるチャネリング

あなたは自分の「大いなる自己」ハイヤーセルフと話しているだけです。あなたは自分でそういう洞察、知識、そしてそういう素晴らしい自分を持っています。あなたは自分をチャネリングしています。自分で普段思っているより、もっと大きな自分の部分ですね。わかりますか?

続きを読む

さとうみつろう|なぜ感情は湧くのだろうか?|神さまとのおしゃべり

そもそも人間は、感情と一体化している
だから、「どうして感情が湧くのだろう?」と立ち止まって考えたことすらない。ほとんどの人間が、怒りにまかせて怒鳴り、悲しみにおぼれ泣き、感情に振り回されて生きておる。本来は、感情を選択する立場が人間なのにな。

続きを読む


神性を生きる―アダマス・セント・ジャーメインからのメッセージ
 

AMAZON

神性を生きる―アダマス・セント・ジャーメインからのメッセージ ジェフリー・ホップ (著), リンダ・ホップ (著), 林 眞弓 (翻訳) 2015年3月初版発行 ナチュラルスピリット  ISBN-10: 4864511586 ISBN-13: 978-4864511582 (Japanese Edition)Kindle 版から

-アセンション, 書籍, 珠玉の言葉, セント・ジャーメイン
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

エックハルトトール|インナーボディにつながる方法 02

エックハルト・トールのインナーボディにフォーカスするエクササイズ・瞑想法のセカンドステップです。 前回の記事では、身体の中に意識を向け、身体の部分・臓器・細胞、それらが持つエネルギー=インナーボディを …

マハラジ|「私」と「私のもの」は偽りの観念だ|私は在る

マハラジの言葉は、難解で理解しがたい印象を皆さん受けるようです。この章での話は、比較的とっつきやすい一般的な質問(真我に至るには?といった覚醒そのものについての質問でないという意味)だと思います。 『 …

エックハルトトール|ペインボディ-私たちがひきずる過去の古い痛み 01

エックハルト・トールの本/考え方の中で面白い捉え方なのが『ペインボディ』。 ペインボディとは?という記事を読む 彼の理論/考えでは、ネガティブな感情が湧いたときに、向き合わずにいると、その感情が消化さ …

ダイアナ・クーパー|銀色と紫色の炎による浄化|アトランティスからのスピリチュアル・ヒーリング

エクササイズ:銀色と紫色の炎 瞑想として、あるいは散歩やガーデニングをしているときに行うことができるが、車や機械を運転しているときに行ってはいけない。 非常に高いスピリチュアルなエネルギーで、人を開か …

ハイヤーセルフとのつながりを密接に保つ|【イベント】の参加資格|COBRA

ツイッター full disclosure(COBRA情報)さん のお話では、『ハイヤーセルフ』とのつながりについて、何度か言及されています。 つまるところ、自分とハイヤーセルフとの繋がりを密接にして …