書籍 ダグラス・ハーディング

ダグラス・ハーディング|存在し、そして、存在しない 02|存在し、存在しない、それが答えだ

投稿日:2018年8月24日 更新日:


じわじわとご好評をいただいている、ダグラス・ハーディングのお話の続き『存在し、存在しない、それが答えだ』からご紹介です。非二元論・ノンデュアリティに興味がある人はダグラスの本を読んでみたり、彼の行っている『実験』を知るのはとてもマッチすると思います。

ときどき訳者の高木さんが大阪や東京でダグラスの教えを体験するワークショップをやっているようです。私も一度うかがってみたいなと思ってます。

<スポンサーリンク>



存在と非存在は純金でできた一つのコインの表裏である。

ハムレットのように、私たちは真ん中で引き裂かれているので、私たちの人生の通貨の価値は引き下げられ、私たちは惨めなほど貧しい。
しかし、ついにコインの二つの面をいっしょにする時、

 

私たちはもはや
「存在するか、あるいは存在しないか」ではなく、
「存在し、そして、存在しない」という状況となり、
比較できないほど自分が豊かで、
私たちの全人生が変革されたことに気づくのである。

 

では、この新しい人生は実際どううまくいくのだろうか?

私の経験では、それがどんな種類であれ二方向の、存在するー存在しないという事柄である。
私が「自分の注意」と呼んでいるものは、存在する対象を指し示すと同時に、存在しない主体をも示し指し示すという二重の矢という形態をとる。
たとえば従来の 顔対顔※と言う場面は、次の図のように置き換えられる。

※ダグラス・ハーディングのよく行っている実験

今までのように無意識的ではなく、意識的にこのように生きることで、物事は非常に違ってくる。この二方向のヴィジョンを人生のあらゆる変わりゆく環境の中で実践することは、実に役立つことである。

たとえば私とあなたが、もはやお互いに顔対顔となっていないと見れば、お互いに対決と対決を止めることになる。
このヴィジョンを安定させ、習慣的なものにするためには多くの練習が必要なことは否めない。

しかし、私は保証するが、どんな練習も無駄ではなく、そしてもしあなたがかつての私のように病的な自意識に苦しんでいるとしたら、それを取り除くのにそんなに時間はかからないだろうと思う。

これが非常に様々な点でそんなにもうまくいく理由は簡単である。

つまり、それはあなたの本質、私たちの本質に戻るからである。
こういう風に私達は作られているのである。

ダグラス・E・ハーディング

私は在る、そして、存在しない。それが腑に落ちるときに私は生きていたい。なんて思うのでした。


<スポンサーリンク>



関連した他の記事も読む

マハラジ|病気や痛みに形はあるか|意識に先立って

あなたが肉体と一体化するとき、概念的にそれを汚染するかもしれないが、本質的には意識は非常に純粋なものだ。生命ー呼吸は非常に純粋であり、この存在性はさらにそれより純粋だ。
私はアートマン(至高の自己)、真我について話している。

続きを読む

 

マハラジ|探求者とは自分自身を探している人だ

あなたが何なのかを知るために あなたが何でないのかを知りなさい あなたでないものをすべて発見しなさい
マインドのレベルにおいてはあなたは否定的言語によってしか描写できないということを明確に理解するほどあなたの探求はより早く終焉を迎える

続きを読む

 

ゲリーボーネル|メッセンジャーは 叡智=メッセージ そのものではない

私たちは宇宙的に導かれ、転生から転生にいたる生と死、そして再誕生のプロセスの中で、覚醒へ向かって拡大していける様、神聖に「甘やかされて」いるのです。このことは最も覚醒している人々、モーセや釈迦、イエスやモハメッドとて同じなのです。

続きを読む

 


存在し、存在しない、それが答えだ

存在し、存在しない、それが答えだ (- To Be and not to be, that is the answer – (覚醒ブックス)) ダグラス・E・ハーディング著 高木悠鼓 編集 訳 P.10-11 より抜粋 2016年10月初版発行 ナチュラルスピリット ISBN9978-4864512206

-書籍, ダグラス・ハーディング
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ラメッシ|誰がかまうもんか?!

ラメッシ・バルセカールの本「誰がかまうもんか?!」(※外部リンクへ)は、師であるマハラジのアイ・アム・ザットと比べると、わかりやすい文体と内容であると聞き、手にしてみました。 本編では、悟ろうとすれば …

存在し、存在しない、それが答えだ|ダグラス・E・ハーディング

高木悠鼓さんが訳していたというきっかけで、ダグラス・ハーディングの本を手に取りました。現在ブログはお休みしているようですが、とてもおもしろい。 シンプル道の日々 高木悠鼓さんのブログ 『存在し、存在し …

エックハルトトール|ペインボディ-私たちがひきずる過去の古い痛み 01

エックハルト・トールの本/考え方の中で面白い捉え方なのが『ペインボディ』。 ペインボディとは?という記事を読む 彼の理論/考えでは、ネガティブな感情が湧いたときに、向き合わずにいると、その感情が消化さ …

セント・ジャーメイン|目覚めに入る 04|神性を生きる

セント・ジャーメインの書籍『神聖を生きる』からの続きです。 前の記事を読んでみる 前回では「薔薇の果実」に気づき、アセンションへの鍵を掴み取りスピリチュアルな道を歩みだしました。 本を手に入れ、クラス …

勇気が出る言葉|チャールズ・M・シュルツ

シュルツ|他の誰でもない、徹底的に自分らしくあれ|勇気が出る言葉

  他の誰でもない、徹底的に自分らしいことをしなさい。 -Do what is absolutely you and nobody else.- 徹底的に自分らしくあること、そして他の誰かの …