書籍 バシャール-BASHAR-

バシャール|それを手放し、ゆだねて、実現するかどうか気にしない|1日15分で願いを実現させる方法 01

投稿日:2017年11月29日 更新日:


1日15分で願いを実現させるには?

最近、新しいバシャールの本が発売されました。なんとなく書店で手に取ってみたくて、ネットからいつもの様に購入をすることを控えています。

売れてほしいなと思う本は、書店から直接購入したりしているのもありますが、今回はこの新しいバシャール本を手にした時、どんな風に感じるのかを楽しみにしています。

さて、今回は本田健さんとの対話で、一躍脚光を浴びたバシャールの書籍「未来はえらべる!」からの一節をご紹介いたします。


<スポンサーリンク>



本当に信じていることが、実現する

本田 健:心底決めるためには、先ほど言ったようなネガティブな観念をひとつひとつ手放していくことが大切になってくるんですね。

バシャール:ちょっと待ってください。

すべての決心は、本当の、真実の決定です。
そこは誤解しないようにしてください。

ポジティブであろうがネガティブであろうが、
ある人がある決断を本当にすれば、それが実現してしまうのです。

ですから、本当の決断、決心が必ずポジティブというわけではありません。

あなたが「本当に信じていること」が、実現するのです。
それがポジティブであろうと、ネガティブであろうと。

みなさんは常に常に、本物の、真実の決断をしています。
本物のマニフェスト(実現化)をしています。

ここでの課題は、「何を実現したいのか」ということ。

そして、どうしても実現してほしいという期待を抱かずに、自分の観念システムを実現したいことのエネルギーと一体化できるかということです。

あることを実現するためには、15分以上集中する必要はありません。でもそれは、実現化のプロセスの全体の半分です。

 

どのやって15分で夢を実現化させる?

1.実現化したいことの観念体系と方向性を確認する

まず15分の集中の中で、自分が実現させたいと思っていることが本当の自分の情熱、ワクワクを代表させるものであること、そして、自分のポジティブな観念体系が、実現化の方向に向いているかということを確かめてください。

2.高次の意識=天に任せる

しかし、これからお話する実現化のプロセスの後半は、いままで話したことと矛盾します。

自分の観念体系すべてを使って、情熱を傾けているものに15分間集中した後、それを実現させるための最良の方法は、

「それを手放し、ゆだねて、実現するかどうか気にしない」

ということです。

物質次元の意識(顕在意識、思考の部分)は、情熱の対象に集中したことで、するべき仕事をもう終えたわけです。

ですから次は、あらゆる想定や期待やニーズなどを全部手放して、高次の意識にゆだねなければなりません。

そうすると高次の意識が、どのような形であれ、「実際に起きるべき方法」できちんと実現してくれます。

ご紹介している章は、この本を読もうとした時、自然と開かれたページで、この後に登場する「集中して忘れる」というフレーズは、とてもこころに響く言葉となりました。

次の章に続きます。


未来は、えらべる!
未来は、えらべる!
未来は、えらべる! バシャール 本田健 ダリル・アンカ/本田健 著 P.82〜84 より抜粋 2010年3月初版発行 株式会社ヴォイス ISBN-978-4-89976-250-8

<スポンサーリンク>



関連した他の記事も読む

バシャール|子供を生むということの意義-2

Q:私達の子供は、私が生んだのではなく、養子にもらったのですが。バシャール:それも偶然ではありません。最も抵抗の少ない方法がそれだったのだと思います。そして、一緒になる必要のある家族がそのような形で一緒になりました。

…続きを読む

ラメッシ|プログラミング、条件づけ、そしてプログラムされたコンピュータ|誰がかまうもんか?!

私がプログラミングと言うとき、それは受胎の瞬間に刻印された、ある生まれつきの特徴を意味しています。肉体的、精神的、直感的、感情的なものです。そして、この肉体精神機構は環境によって条件づけられてきました。あなたは自分の両親について選択ができませんでした。あなたは遺伝子、すなわちDNAについて選択できませんでした。あなたは環境について選択ができませんでした。

続きを読む

ラメッシ|努力の必要はないのになぜ学ぼうとするのか 01|意識は語る

あなたはここにいざるをえませんし、私もまたここにいざるをえません。話しているこれと聞いているそれは、話すー聞くが一つの出来事としておく起こるために、ここにいなければならないのです。あなたは自分が聞いていると思っていますが、聞くことはこの肉体精神機構を通じて起こっていて、それは解体、悟りのプロセス、進行していることの一部です。

続きを読む


-書籍, バシャール-BASHAR-
-, , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

エックハルトトール|インナーボディにつながる方法 02

エックハルト・トールのインナーボディにフォーカスするエクササイズ・瞑想法のセカンドステップです。 前回の記事では、身体の中に意識を向け、身体の部分・臓器・細胞、それらが持つエネルギー=インナーボディを …

【胎内記憶とは?】 スピリチュアルかあさん|大野舞|

スピリチュアルかあさんの魂が輝く子育ての魔法 大野舞さんの人気シリーズコミックの3冊目。スピリチュアルかあさんのご紹介です。 ゲリー・ボーネルの翻訳本執筆や、日本の神々をモチーフにしたオリジナルオラク …

エックハルトトール|ペインボディ-私たちがひきずる過去の古い痛み 01

エックハルト・トールの本/考え方の中で面白い捉え方なのが『ペインボディ』。 ペインボディとは?という記事を読む 彼の理論/考えでは、ネガティブな感情が湧いたときに、向き合わずにいると、その感情が消化さ …

エックハルトトール|ペインボディ-私たちがひきずる過去の古い痛み 02

エックハルト・トールの言っている『ペインボディ』についてもう少し掘り下げていきたいと思います。 前回の記事はこちら 個人と集団 (前回のつづき) ペインボディは集団意識の顕れ? しかしペインボディは非 …

エックハルトトール|自分を思考で定義付けしないこと

エックハルト・トールの書籍は、左脳=男性性の強い方や、現代社会を力強く生き抜いている方にも向いていると思います。理論的に精神や心のあり方を捉えて、独自の視点(少しユーモラスな描写も含めて)で如何に目覚 …