書籍 バシャール-BASHAR-

バシャール|ハイヤーセルフとは?|すべての人ができるチャネリング

投稿日:2017年9月19日 更新日:


ハイヤーセルフって言葉を聞いたことがありますか?

自分が現世=3次元に居ると仮定したとき、その自分と精神的に深くつながっている高次元に存在する自分のエッセンス をハイヤーセルフ=大いなる自己ともいいます。

我々のハートの中に存在するというよりも、自分の肉体を外から大きく包みこむような存在です。

ハイヤーセルフから私たちへの声がけや導きは、常に起きています。それを感じ取るには、私たちは感覚を磨いていることが必要です。

感覚を磨く、つまり、ハイヤーセルフの声を的確に感じ取るには、日々の精神的なものも含めた、さまざまな浄化が必要になってきます。

そして、魂がきれいな状態=誠実であることも大切なことです。この誠実さは、 他人にも、そして自分にもです。

大いなる自己=ハイヤーセルフ とは?

テレパシーで自分の最善へと導いてくれた存在について

Q 5:こんにちは、バシャール。お会いできて嬉しく思います。
まず、私にテレパシーを送ってきていた源は、なんだったんでしょうか。

バシャール:どんな情報を得ましたか?

Q 5:たくさんあるんですけど。

バシャール:あなたの役に立ってますか?

Q 5:非常に役に立っています。

バシャール:どんなふうに役に立ちますか?

Q 5:これからどうやって生きていこうかとか、何の仕事をしようかと悩んでいたときに、「人の役に立つようなことをしなさい」というメッセージを受けたことがあります。

バシャール:あなたは自分の「大いなる自己」ハイヤーセルフと話しているだけです。あなたは自分でそういう洞察、知識、そしてそういう素晴らしい自分を持っています。

あなたは自分をチャネリングしています。自分で普段思っているより、もっと大きな自分の部分ですね。わかりますか?

別に他の意識とコンタクトしていないというわけではありません。

自分の中にある、より大きな部分と融合することによって、自分自身が、「大いなる自己」となれて、そういう場所から行動が起こせるようになっているということです。

すべての人がこの能力を持っています。私達はこのように、それを見せることによって、私達を必要としなくなるように、ここに来ています。
私は、自分でこういう仕事をしながら、早く首になるのを待っています。

皆さんがそれをほぼ瞬間的に、しかも常にできるようになった時、私達は顔と顔を合わせ、対等に話すことができます。

それが私たちが一番望んでいることです。どうでしょう。

 

Q 5:よくわかりました。(続く)

チャネリング、ハイヤーセルフと繋がることは難しいことではないとバシャールは言っています。そして、1980年台から彼は「早く対等になって対等に話すこと」を望んでいたのだなとわかりました。

これは、自分の力を100%信じて、今を生きることの大切さにつながっていきます。

BASHAR(バシャール) P.84〜85 より抜粋 1987年12月初版発行 VOICE INC. ISBN4-900550-00-0

<スポンサーリンク>



関連した他の記事も読む

バシャール|子供を生むということの意義-1

子供を生むこと、それを含めてすべての人間関係というものは、すべて同意されたうえにあります。その魂が、自分を通して生まれて来るということを、生まれる以前からお互いに同意しています。それは自分の肉体が始まる前にテレパシーを通して送られます。

…続きを読む

 

マハラジ|「私」と「私のもの」は偽りの観念だ

この執着は、「私」と「私のもの」という感覚とともに生まれたものだ。これらの言葉のもつ本当の意味を見いだしなさい。そうすれば、すべての束縛から自由になるだろう。

続きを読む

 


-書籍, バシャール-BASHAR-
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

バシャール|協働,そして自然との調和|アセンション時代に求められる日本人の役割

バシャール2017 発売! 11月に発売された『バシャール2017』をようやく手にしました。Amazonではカテゴリーのトップセールスだったようですが、近所の本屋さんを3件回りましたが置いている店舗が …

船井幸雄|良心との対話|学びのクセづけ

『良心と対話する』ことのすすめ 大きな悩みや自分で結論を出しにくい問題に直面すると、誰か『他者』に意見を聞いてみたり、本を読んでみたり、ネットで情報を得たくなるものです。 自分の中に解を見出すために、 …

エックハルトトール|ペインボディ-私たちがひきずる過去の古い痛み 01

エックハルト・トールの本/考え方の中で面白い捉え方なのが『ペインボディ』。 ペインボディとは?という記事を読む 彼の理論/考えでは、ネガティブな感情が湧いたときに、向き合わずにいると、その感情が消化さ …

ラマナマハルシ|困難と体験|あるがままに

ラマナ・マハルシの『あるがままに』の本編『第五部 体験』からをご紹介したいと思います。第16章の『困難と体験』では冒頭に 身体的苦痛や不安、精神的混乱、感情の揺らぎ、そしてその合間にしばしば起こる至福 …

大野舞|胎内記憶とは?|スピリチュアルかあさん

スピリチュアルかあさんの魂が輝く子育ての魔法 大野舞さんの人気シリーズコミックの3冊目。スピリチュアルかあさんのご紹介です。 ゲリー・ボーネルの翻訳本執筆や、日本の神々をモチーフにしたオリジナルオラク …