書籍 バシャール-BASHAR-

バシャール|子供を生むということの意義 01

投稿日:2017年5月8日 更新日:


Q 1: ひとつは子供を生むということの意義、母親、父親としての子育ての役割について聞きたいのですが。

バシャール:どうもありがとう。
子供を生むこと、それを含めてすべての人間関係というものは、すべて同意されたうえにあります。

その魂が、自分を通して生まれて来るということを、生まれる以前からお互いに同意しています。それは自分の肉体が始まる前にテレパシーを通して送られます。

基本的なあなたの子供を育てることの役割というのは、次のようなことです。二人はもう既につながっている部分があります。その中で二人が鏡となって、お互いが学ぶことをお互いに見せ合っています。

父親、母親というのは、子供がなにかこれから自分でいろいろなものを開拓していかなければいけないというときに、安全な雰囲気を作り上げてあげます。

同意というのは選択にもとづいています。親も選ぶし、子供も選びます。そしてほとんどの場合、親子というのは、前世でも親であったり、子であったり、お兄さんや妹であったり、親戚であったりします。

たくさんの違うやり方で、お互いが交互にダンスをするように代わるがわるに役割を演じます。子供が一番表現で学べる、一番いい雰囲気を創るには、親も本当に自分自身になることです。

自分で知っている限りの自分自身に 100%なってください。それによって一番子供に奉仕できます。

特に最近の時代は、子供が親の方にいろいろなことを教えています。

どういうことかというと、大人も子供のようにいろいろなことをやってもいいんだよということを教えることがある、ということです。

親の方は、子供が自分の道を探して出て行くまで、適当に方向付けをする、そして、子供は自分でやって行くことができます。

自分が子供にテレパシーを通して、どういう情報を与えているのか、ということに気付いてください。あなたの恐れは子供に伝わります。そうすると恐れている人生を送ります。

あなたは無条件の愛と、そして信頼があれば、子供はそれも感じます。

直接、子供に話せないと思っても、夢の中で話すことができます。夢の中では、みんな同じことなのです。

<スポンサーリンク>



関連した他の記事も読む

バシャール|それを手放し、ゆだねて、実現するかどうか気にしない|一日15分で願いを実現させる方法 01

みなさんは常に常に、本物の、真実の決断をしています。
本物のマニフェスト(実現化)をしています。ここでの課題は、「何を実現したいのか」ということ。そして、どうしても実現してほしいという期待を抱かずに、自分の観念システムを実現したいことのエネルギーと一体化できるかということです。

続きを読む

人を赦すこと-1-|赦しと許しの違い

「赦す」と「許す」では発音は同じでも意味が全く異なってきます。赦すは英語で言うとFORGIVE(赦免する)となりますが、許すはPERMIT(許可する)となります。

続きを読む

 

ゲリーボーネル|メッセンジャーは 叡智=メッセージ そのものではない

私たちは宇宙的に導かれ、転生から転生にいたる生と死、そして再誕生のプロセスの中で、覚醒へ向かって拡大していける様、神聖に「甘やかされて」いるのです。このことは最も覚醒している人々、モーセや釈迦、イエスやモハメッドとて同じなのです。

続きを読む

 

BASHAR(バシャール) P.74〜75 より抜粋 1987年12月初版発行 VOICE INC. ISBN4-900550-00-0

 


-書籍, バシャール-BASHAR-
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

バシャール|協働,そして自然との調和|アセンション時代に求められる日本人の役割

バシャール2017 発売! 11月に発売された『バシャール2017』をようやく手にしました。Amazonではカテゴリーのトップセールスだったようですが、近所の本屋さんを3件回りましたが置いている店舗が …

ゲリーボーネル|メッセンジャーは 叡智=メッセージ そのものではない

メッセンジャーはメッセージではない The Messengers are Never the Message オーストラリアのアボリジニの宗教から中東のゾロアスター教まで、世界の霊的な道のすべてで言わ …

ラメッシ|努力の必要はないのになぜ学ぼうとするのか 02|意識は語る

前回に続きラメッシ・バルセカールの『意識は語る』の中からご紹介です。 質問者の『努力をしても無駄とラメッシは言っているのに、なぜ私たちは学ぼうとするのか』という問いに対して『起きなければいけない出来事 …

マハラジ|病気や痛みに形はあるか|意識に先立って

シュリー・ニサルガダッタ・マハラジの新刊が2018年4月に発売されました。その『意識に先立って』からのご紹介です。 この本は、マハラジが癌を患った最晩年の対話をまとめているものです。訳者の高木悠鼓さん …

エックハルトトール|ペインボディの逆襲02|ニュー・アース

前回の『ペインボディの逆襲』の続きです。生きづらさを感じていた女性は、エックハルト・トールの言葉によって自分が『不幸を作り出していた』ことに気づき、スペースを置くことが可能になりました。 彼女は不幸と …