エックハルト・トール 書籍

エックハルトトール|ペインボディとは?

投稿日:2017年9月17日 更新日:


エックハルト・トールはいろいろな書物のなかで『ペインボディ』について語っています。今日は「人生が楽になる超シンプルなさとり方」から紹介します。

<スポンサーリンク>



「ペインボディ」とはなにか?

からだに積もった痛みは、ネガティブなエネルギーのかたちで、心とからだにくっついています。これが、感情の痛み、わたしが「ペインボディ」と呼ぶものです。

エックハルト・トール

蓄積された痛みは、生まれた後にできていった傷と生まれる前からもっている傷、ふたつの傷があるようですが、状態も「ふたつ」あるようです。

ペインボディには、ふたつの状態があります。眠っているものと、活動しているものです。休火山と活火山をイメージすると、わかりやすいかもしれません。

ペインボディが、90パーセント近い時間、眠ったままの人もいれば、ペインボディが休まずせっせと活動している人もいます。

「わたしはとても不幸だ」と感じている人は、後者に当てはまります。

ペインボディが、フルに目覚めた状態で人生を歩んでいる人もいれば、親密な人間関係や、過去の悲しい経験(見捨てられる、失う、肉体的・感情的に傷つくなど)と重なる状況でのみ、ペインボディが目覚める人もいます。

どんなささいな出来事も、ペインボディを活動させる引き金になり得ますが、それが過去の痛みと共鳴する場合には、なおさらです。

ペインボディが目覚める準備ができているなら、ちょっとしたネガティブな考えや、誰かの悪気のないひと言でさえも、それを活動させるスイッチになりかねません。

エックハルト・トール

常日頃から『私はとても不幸だ』と感じて生活している人で、自分でコントロールしにくい感情を操っているのは、ペインボディなのかもしれません。

ペインボディは連帯性を持っていて、他の人に伝染したりするのです。エックハルト・トールのニュー・アース(書籍紹介は外部リンク)に載っているペインボディのエピソード、ペインボディの逆襲もご覧ください。

<スポンサーリンク>




関連した他の記事も読む

エックハルトトール|ペインボディ -私たちがひきずる過去の古い痛み 01

ネガティブな感情が湧いたときには、きちんと向き合ってその正体を確認しておかないと、その感情が解消されず、あとに痛みが残る。とくに子どもはネガティブな感情があまりに強いとどうすることもできなくて、それを感じないようにする傾向がある…続きを読む

エックハルトトール|自分を思考で定義付けしないこと

「私にはわからない」というのは混乱ではない。混乱というのは、「私にはわからないが、しかしわかりたい」、あるいは「私にはわからないが、しかしわかる必要がある」という状態だ。

続きを読む

マハラジ|「私」と「私のもの」は偽りの観念だ

この執着は、「私」と「私のもの」という感覚とともに生まれたものだ。これらの言葉のもつ本当の意味を見いだしなさい。そうすれば、すべての束縛から自由になるだろう。

続きを読む


人生が楽になる 超シンプルなさとり方

Amazon
人生が楽になる 超シンプルなさとり方  エックハルト・トール 著 飯田史彦 訳 P.100〜101 より抜粋 2007年11月初版発行 徳間書店 ISBN978-4-19-906003-8

-エックハルト・トール, 書籍
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

船井幸雄|本物の条件・特性とは?|学びのクセづけ

本物ってなに? 人は本質や本物にこだわることがあります。 本物というものは、依存や信仰ではなく、人を惹きつける魅力のある質なのでしょう。 当サイトで人気の船井幸雄さんの著書『学びのクセづけ(外部リンク …

ラマナマハルシ|困難と体験|あるがままに

ラマナ・マハルシの『あるがままに』の本編『第五部 体験』からをご紹介したいと思います。第16章の『困難と体験』では冒頭に 身体的苦痛や不安、精神的混乱、感情の揺らぎ、そしてその合間にしばしば起こる至福 …

ダイアナ・クーパー|ステラゲートウェイとは|アトランティスからのスピリチュアル・ヒーリング

ダイアナ・クーパーの書籍からステラゲートウェイについて引用します。2006年初版の本となりますが、内容は重要なところがしっかり書かれている名著だと思います。 現在、ダイアナ・クーパーの書籍は『大天使パ …

はじめての哲学|肉体と精神を考える|哲学してみる

肉体と精神を考える 2 人間は、空間と時間のうちに 限定された肉体なのでしょうか? それとも、宇宙と歴史の全体を考えることができて、 自分が不死だと主張するような、 どこにも姿がみえない精神なのでしょ …

エックハルトトール|自分を思考で定義付けしないこと

エックハルト・トールの書籍は、左脳=男性性の強い方や、現代社会を力強く生き抜いている方にもおすすめします。理論的に精神や心のあり方を捉えて、独自の視点(少しユーモラスな描写も含めて)で如何に目覚めてい …