書籍 エックハルト・トール

エックハルトトール|ペインボディ-私たちがひきずる過去の古い痛み 01

投稿日:2017年9月4日 更新日:


エックハルト・トールの本/考え方の中で面白い捉え方なのが『ペインボディ』。

ペインボディとは?という記事を読む

彼の理論/考えでは、ネガティブな感情が湧いたときに、向き合わずにいると、その感情が消化されずに溜まっていってしまいます。
これを『ほとんどすべての人がもっている古くからの、しかし今も生き生きと息づいているこの環状のエネルギー場、それがペインボディである』と紹介しています。

この覚えやすい言葉『ペインボディ』は人間の持つ根源的なネガティブな意識、罪悪感や無価値感の基となっているものではないでしょうか。今の時代、この私達が根深く感じる罪悪感などのネガティブな感情の仕組を知り、それを癒していくことはとても重要になっていきます。

それは全人類に通じるカルマ=経験 の解消となっていきます。

個人と集団

ネガティブな感情が湧いたときには、きちんと向き合ってその正体を確認しておかないと、その感情が解消されず、あとに痛みが残る。

とくに子どもはネガティブな感情があまりに強いとどうすることもできなくて、それを感じないようにする傾向がある。敏感なおとながそばにいて解消し、ネガティブな感情とまっすぐ向き合うように愛情と共感をもって指導してやれればいいが、そうでない場合には、子どもにとっては感じないことが唯一の選択肢なのだ。

残念ながら、こういう子どものころの防衛メカニズムは成人後もひきずっていることが多い。ネガティブな感情は認識されずに当人の中に残り、不安や怒り、発作的な暴力、むら気、さらには肉体的な病気などの間接的な形で現れる。

心理療法士ならたいてい経験しているように、完璧に幸せな子ども時代を送ったと患者が主張しても、あとになって実はまったく話が違っていたことがわかるケースがある。
ここまでいくと極端だが、感情的な痛みを感じることなしに子ども時代を過ごした人間は誰もいない。両親がどちらも聡明であってもなお、人はだいたいは無意識の世界で育っていくものなのである。

きちんと向き合い、受け入れ、そして手放すという作業がなされなかったネガティブな感情は痛みを残す。その痛みが積み重なり、身体の全細胞で活動するエネルギー場をつくりあげる。

このエネルギー場を形成するのは子ども時代の痛みだけではない。青年期や成人後のつらい感情も付加されていく。

その大半はエゴの声が生み出したものだ。人生のベースに間違った自己意識があると、感情的な痛みというのは道連れは避けがたい。

ほとんどすべての人がもっている古くからの、しかしいまも生き生きと息づいているこの感情のエネルギー場、それがペインボディである。

エックハルト・トール

エゴと切り離せない存在のようですね、ペインボディは。

でも、冷静にみたり、そういうのものだと捉えることできたら、
エゴもペインボディも、飼いならしてしまうことはできそうです。

この話の続きを読む

 

<スポンサーリンク>




関連した他の記事も読む

エックハルトトール|ペインボディ -私たちがひきずる過去の古い痛み 02

ペインボディは非個人的な性格をあわせもっている。暴力に彩られた人類の歴史を通じて、数えきれない人々が体験してきた痛みもそこには含まれている。この痛みがいまも人類の集団的心理のなかで生きていて、日々積み重ねられていることは、夜のテレビニュースを見れば、あるいは人間関係で繰り広げられるドラマに目をやれば一目瞭然だ。

続きを読む

 

マハラジ|「私」と「私のもの」は偽りの観念だ

この執着は、「私」と「私のもの」という感覚とともに生まれたものだ。これらの言葉のもつ本当の意味を見いだしなさい。そうすれば、すべての束縛から自由になるだろう。

 

続きを読む

 

 


ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる-
Amazon
キンドル版はこちら
ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる エックハルト・トール 著 吉田利子 訳 P.156〜157 より抜粋 2008年10月初版発行 サンマーク出版 ISBN978-4-7631-9872-3 C0030

-書籍, エックハルト・トール
-, , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【胎内記憶とは?】 スピリチュアルかあさん|大野舞|

スピリチュアルかあさんの魂が輝く子育ての魔法 大野舞さんの人気シリーズコミックの3冊目。スピリチュアルかあさんのご紹介です。 ゲリー・ボーネルの翻訳本執筆や、日本の神々をモチーフにしたオリジナルオラク …

マハラジ|「私」と「私のもの」は偽りの観念だ

マハラジの言葉は、難解で理解しがたい印象を皆さん受けるようです。この章での話は、比較的とっつきやすい一般的な質問(真我に至るには?といった覚醒そのものについての質問でないという意味)だと思います。 早 …

マハラジ|探求者とは自分自身を探している人だ

「私は誰か?」以外のすべての質問を放棄しなさい 結局、あなたが確信できる唯一の事実とは あなたは在るということだけだ 「私は在る」は確かだ 「私はこれだ」は確かではない 真実のあなたとは何なのか それ …

ゲリーボーネル|メッセンジャーは 叡智=メッセージ そのものではない

メッセンジャーはメッセージではない The Messengers are Never the Message オーストラリアのアボリジニの宗教から中東のゾロアスター教まで、世界の霊的な道のすべてで言わ …

エックハルトトール|自分を思考で定義付けしないこと

エックハルト・トールの書籍は、左脳=男性性の強い方や、現代社会を力強く生き抜いている方にも向いていると思います。理論的に精神や心のあり方を捉えて、独自の視点(少しユーモラスな描写も含めて)で如何に目覚 …