書籍 ラメッシ・バルセカール

ラメッシ|探求とは?|誰がかまうもんか?!

投稿日:2017年9月21日 更新日:


『プログラミング』という言葉が出てくる章をご紹介しましたが、その章の内容に繋がっていくお話です。

第6章 探求

私の考えは次のようなものです。

赤ん坊が生まれて母親の乳房を本能的に探し求めて以来、
人生とは探求以外の何ものでもありません。

しかし探求者がいたことは一度もありません。※原文に強調『・』がついています

どんな種類のことを探求するかはプログラミングによりけりで、それに対してあなたはコントロールすることはできません。

自分自身を、お金を求める人間であると考えている人たちがいます。

またある人たちは名声を求める人間であると考えている人たちがいます。

またある人たちは権力を求めます。

そしてある人たちは、とりわけ神を求めます。

この種の探求、それを霊的探求、あるいは神を求めること、あるいはエゴからの解放とでも呼びましょうか ー 何と呼ぼうがー それが、ここにすわっている肉体精神機構たちに起こっていることです。

なぜなら、それらはこの種の探求が起こるようにプログラミングされているからです。

探求は、個人のエゴー 探求者ー が、悟り、すなわち真我の覚醒を対象として求めることから始まり、その人は、自分が物質的世界から得るより大きな喜びが、悟りによって得られるだろうと想像します。

ここが始まりです。

エゴによる悟りの探求は、知的な理解とともにでなく、決して探求者、行為者はいなかった ーー 何を探求するにしても消して探求者はいなかったのだとハートで直感した絶対的理解とともにのみ、終えることができます。

探求はありますが、個々の探求者はいません。

行為はありますがそれについて個々の行為者はいないのです。

 

これでおしまいです!
そして、探求の終焉は、探求を始めたパワーによってのみ引き起こされます

ラメッシ・バルセカール

とても端的な文章で、書かれています。
シンプルで深い言葉で、実践を促されている様です。

<スポンサーリンク>




関連した他の記事も読む

ラメッシ|誰がかまうもんか?!

毎月、その弟子は自分の進歩を書き綴って、師にまめに送っていました。最初の月、彼は次のように書きました。「私は意識の拡大を感じ、宇宙との一体感を体験します」。
師はその報告を一読すると、投げ捨てました。

続きを読む

マハラジ|探求者とは自分自身を探している人だ

あなたが何なのかを知るために あなたが何でないのかを知りなさい あなたでないものをすべて発見しなさい

あなたに知覚できるものはあなたではない 知覚するという行為そのものが あなたの知覚するものが あなたではないことを示している

マインドのレベルにおいてはあなたは否定的言語によってしか描写できないということを明確に理解するほど あなたの探求はより早く終焉を迎える

続きを読む

 


誰がかまうもんか?! ―ラメッシ・バルセカールのユニークな教え

誰がかまうもんか?! ―ラメッシ・バルセカールのユニークな教え ブレイン・バルドー 編 高木悠鼓 訳 P.173-174 より抜粋 2010年2月初版発行 ナチュラルスピリット ISBN978-4-903821-66-5 C0010

-書籍, ラメッシ・バルセカール
-, , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

どんぐり|オノ・ヨーコ|啓示

啓示 怒りを感じるあなたに祝福を 気が立ち上がるしるしだから。 自分の家族にむけず、敵のために無駄にせず。 その気を万能なものに変える。 すると繁栄がもたらされることでしょう。   悲しむあ …

マハラジ|病気や痛みに形はあるか|意識に先立って

シュリー・ニサルガダッタ・マハラジの新刊が2018年4月に発売されました。その『意識に先立って』からのご紹介です。 この本は、マハラジが癌を患った最晩年の対話をまとめているものです。訳者の高木悠鼓さん …

船井幸雄|人生がうまくいくコツ|学びのクセづけ

人生に関してたったひとつ大事な定理をあげよと言われたら、私は『思ったことは実現する』をあげます。 船井幸雄 『学びのクセづけ』より うまくいくコツとは? 物事がうまくすすめたい。 なにか事業や仕事など …

ダイアナ・クーパー|満月の儀式|アトランティスからのスピリチュアル・ヒーリング

このサイトで大人気のダイアナ・クーパー。書籍、アトランティスからのスピリチュアル・ヒーリングのからのご紹介です。 新月にお願いごとをして、満月で終了し感謝する儀式・おまじないは浸透しているようですが、 …

ラマナマハルシ|困難と体験|あるがままに

ラマナ・マハルシの『あるがままに』の本編『第五部 体験』からをご紹介したいと思います。第16章の『困難と体験』では冒頭に 身体的苦痛や不安、精神的混乱、感情の揺らぎ、そしてその合間にしばしば起こる至福 …