書籍 バシャール-BASHAR-

バシャール|ハイヤーマインドとフィジカルマインド 04|バシャール スドウゲンキ

投稿日:2018年6月2日 更新日:


ハイヤーマインドがコンセプトと創造性を生み出す

須藤元気さんとバシャールの対話『バシャール スドウゲンキ』からの引用です。

前回は、ハイヤーセルフ=ハイヤーマインドがコンセプトを作っていて、脳はその翻訳機能をもった一部分にすぎない。顕在意識=フィジカルマインド もまた、コンセプトを作り出すことはできないというお話でした。

さらにバシャールの「ハイヤーマインド」と「フィジカルマインド」についての説明が続きます。


<スポンサーリンク>



バシャールハイヤーマインドとフィジカルマインドがどのような働きをしているか、もう少し詳しくお話ししましょう。

その違いは次のようなことです。

フィジカルマインド=顕在意識やロジックを使っても未来は見えない

ハイヤーマインドには、ものごとがこれからどのように起きるかがわかります。将来こんなことをしたいなと何かを思い浮かべているときはいつも、あなたはハイヤーマインドを使っています。

一方、フィジカルマインドは、ものごとがこれからどのように起きるかがわかるようにはつくられていません。
フィジカルマインドは、ものごとが過去にどのように起きたのかを理解するためだけにつくられています。

ですから、フィジカルマインドだけを使って将来のことを考えようとしてもまったくわからないのです。

ハイヤーマインドだけが未来を見ることができ、フィジカルマインド過去だけを見ることができます。ハイヤーマインドとフィジカルマインドの違いはここにあります。

つまり、将来どのようになるのか、ハイヤーマインドの知恵を使ってイメージし、それと同時に、フィジカルマインド(ロジックの部分)を使って、過去にはどのような現実が作られたかを考察するのです。

過去はどうだったかということを土台にして、望む方向に進む方法を見るために、フィジカルマインドも少しは使うことができます。
ロジックというものも良い道具ではあります。しかしロジックには制限があるので、ロジックが考える未来は限定的なのです。

 

ハイヤーマインドに人生の流れを任せる

 ですから、その制限を超えて、将来どのようにして起きてくるのか見るためには、ただハイヤーマインドに任せなければならないのです。ハイヤーマインドは、フィジカルマインドが考える未来よりずっと素晴らしい未来を見ることができるのです。

そして、だからこそ、イマジネーション、想像力を使ってハイヤーマインドフィジカルマインドの間でコミュニケーションをとり、調和することが大切なのです。調和がとれているとき、それぞれがふさわしい働きをすることができるからです。

このあと、具体的な使い分けを須藤さんが聞いています。バシャールのいうそのポイントは、

  1. ロジックは情報を拾い上げるためのもので、 現実を作り出すためのものではない。
  2. フィジカルマインド、ロジックの部分は、ハイヤーマインドがもたらしてくれたものを認識し、その意味は教訓を学び、現実で生かすために使う。
  3. 将来のものごとがどのように起きるのかを、理解したり、未来を作ることにはハイアーマインドを使う。

そして、フィジカルマインドとハイヤーマインドをうまく調和させることがポイントですね。

今、このアセンションの時代において、ひとりひとりがハイヤーマインド=ハイヤーセルフとより強くつながっていくことが、とても大切になります。

お読みいただきありがとうございました。

-ハイヤーマインドとフィジカルマインド-


 

バシャール|ハイヤーマインドとフィジカルマインド 01|バシャール スドウゲンキ

 

 


 

butterfly02バシャール|ハイヤーマインドとフィジカルマインド 02|バシャール スドウゲンキ

 

 


 

バシャール|ハイヤーマインドとフィジカルマインド 03|バシャール スドウゲンキ

 

 


バシャール スドウゲンキ
バシャール スドウゲンキ ダリル・アンカ/バシャール 著&2 その他 P.137〜139 より抜粋 2007年11月初版発行 株式会社ヴォイス ISBN-978-4899762218

<スポンサーリンク>



関連した他の記事も読む

船井幸雄|本物の条件・特性とは?|学びのクセづけ

嘘や偽物もまかり通ってきたと言っても過言ではない競争社会を、共生の世界へと変えるには、人々が本物に目覚め、本物に気づくことがポイントなのではないかと思うのです。

本物であれば、混乱の時代に足を引っ張られる事象も、苦もなく打ち破ることができます。良心に従って生きる人々があなたを応援してくれます。

…続きを読む

バシャール|それを手放し、ゆだねて、実現するかどうか気にしない|1日15分で願いを実現させる方法 01

すべての決心は、本当の、真実の決定です。
そこは誤解しないようにしてください。ポジティブであろうがネガティブであろうが、ある人がある決断を本当にすれば、それが実現してしまうのです。ですから、本当の決断、決心が必ずポジティブというわけではありません。

…続きを読む

 

ラメッシ|努力の必要はないのになぜ学ぼうとするのか 01|意識は語る

あなたはここにいざるをえませんし、私もまたここにいざるをえません。話しているこれと聞いているそれは、話すー聞くが一つの出来事として起こるために、ここにいなければならないのです。あなたは自分が聞いていると思っていますが、聞くことはこの肉体精神機構を通じて起こっていて、それは解体、悟りのプロセス、進行していることの一部です。

続きを読む


-書籍, バシャール-BASHAR-
-, , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

マハラジ|古い自己と対峙する『神となった新たな自己』の関係|私は在る

マハラジの『私は在る』 からのご紹介です。 ニサルガダッタ・マハラジが質問者の「古い自己と別に新しい自己が出現した」というエピソードに答えていきます。「新しい自己とは古い自己の完全な否定で、許容された …

ラメッシ|誰がかまうもんか?!

ラメッシ・バルセカールの本「誰がかまうもんか?!」(※外部リンクへ)は、師であるマハラジのアイ・アム・ザットと比べると、わかりやすい文体と内容であると聞き、手にしてみました。 本編では、悟ろうとすれば …

エックハルトトール|ペインボディ-私たちがひきずる過去の古い痛み 01

エックハルト・トールの本/考え方の中で面白い捉え方なのが『ペインボディ』。 ペインボディとは?という記事を読む 彼の理論/考えでは、ネガティブな感情が湧いたときに、向き合わずにいると、その感情が消化さ …

船井幸雄|良心との対話|学びのクセづけ

『良心と対話する』ことのすすめ 大きな悩みや自分で結論を出しにくい問題に直面すると、誰か『他者』に意見を聞いてみたり、本を読んでみたり、ネットで情報を得たくなるものです。 自分の中に解を見出すために、 …

船井幸雄|本物の条件・特性とは?|学びのクセづけ

本物ってなに? 人は本質や本物にこだわることがあります。 本物というものは、依存や信仰ではなく、人を惹きつける魅力のある質なのでしょう。 当サイトで人気の船井幸雄さんの著書『学びのクセづけ(外部リンク …